ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 漁業管理課 > 新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受ける水産業者への支援一覧

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受ける水産業者への支援一覧

印刷用ページを表示する掲載日:2020年6月3日更新

水産業者への支援一覧

対策名概要実施主体ご案内
1漁業収入安定対策事業

1.収入が減少した漁業者の経営を支えるため、積立ぷらすの基金を積み増し。

2.併せて、積立ぷらすについて、漁業者の自己積立金の仮払い、契約時の自己積立金の積立猶予を措置。

水産庁HP

積立プラスの詳細は、下記HPのパンフレットPDFを参照ください↓

漁業共済組合全国漁業共済組合連合会HP

2水産業労働力確保緊急支援事業人手不足となった漁業・水産加工業の経営体が作業経験者等を雇用する際の掛り増し賃金などや、遠洋漁船における外国人船員の継続雇用等に要する掛り増し経費を支援。水産庁HP
3国産農林水産物等販売促進緊急対策事業インバウンドの減少や輸出の停滞等により、在庫の滞留等が生じている水産物について、インターネット販売を行う際の送料等を支援。農林水産省HP
4

特定水産物供給平準化事業

(新型コロナウイルス感染症緊急対応)

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受ける水産物の買取、保管等の費用を支援。農林水産省HP
5養殖業緊急支援事業

ヒラメ等高級養殖魚の生産量の維持を図るため、陸上養殖業者(海水を利用して行うものに限る)が導入するヒラメ、トラフグ、カワハギの次期種苗に要する経費を助成。

水産振興課 振興班

(097-506-3953)

資料 [PDFファイル/55KB]


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください