ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 道路保全課 > 「大分県無電柱化推進計画」の策定について

「大分県無電柱化推進計画」の策定について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年3月8日更新

 これまで無電柱化は、防災性の向上、安全性・快適性の確保、良好な景観形成等の観点から実施してきましたが、近年、災害の激甚化・頻発化、高齢者の増加、訪日外国人を始めとする観光需要の増加等により、その必要性が増加しており、無電柱化をめぐる近年の情勢変化をふまえ、「無電柱化の推進に関する法律」(以下:無電柱化法)が定められました。

 本県では、無電柱化法第8条の規定に基づき、道路管理者や電線管理者、有識者との協議を経て、「大分県無電柱化推進計画」を策定しました。

 「大分県無電柱化推進計画」においては、2018年度から2020年までの3年間で約13kmの新たな無電柱化の着手を目標にしており、防災、安全・円滑な交通の確保、景観形成・観光振興等の観点から、無電柱化の必要性の高い道路について重点的に推進することとしています。

 また、計画を着実に実行していくため、コスト縮減の推進等、様々な施策を講じながら、道路管理者と電線管理者が連携して取り組んでいくこととしています。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください