ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 施設整備課 > 大分県庁舎屋上緑化工事について

大分県庁舎屋上緑化工事について

印刷用ページを表示する掲載日:2009年12月14日更新

1.目的

 ヒートアイランド現象抑制効果、温湿度効果などについて、庁舎の維持管理に関する効果を検証する目的で、モデル工事として屋上緑化工事を実施しました。


2.工事概要

 県庁舎議会棟の屋上約1,500m2の一部636m2を、地被類、低木等の植栽で緑化。
約80種、3,400本、工事費 約11,558千円

3.工事期間

平成19年11月~平成20年3月

4.施工業者選定方法

企画提案型選定方式(業者指名型)

5.実施内容

   大分にある里山をコンセプトに、在来種による緑化を実施。

   県産材やリサイクル材(杉皮チップ、竹チップ)などを採用。
                                                                         屋上緑化写真

6.効果

           平成20年度の夏季には最大で約6.5℃、平均で約3.6℃の室温低下効果がありました。
    これは、夏季の冷房期間に電気代が約2万円削減された計算となります。
         →「観測データ」へ

施設整備課のページへ   


シンフロについてはここをクリックしてください