ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 建設政策課 > 「情報共有システム活用試行」について

「情報共有システム活用試行」について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年3月30日更新

 建設業界では、若手技術者の離職や入職者の減少など、将来の担い手確保が大きな課題となっており、建設現場における労働環境の改善が求められています。

そのため、大分県では労働環境改善に向けた受発注者の業務効率化、工事目的物の品質確保の推進を図る取組として、「情報共有システム活用試行」を実施します。

 ※令和2年3月17日、情報共有システム活用試行要領を改訂しました。

  ○改訂点

   ・第3条(対象工事)

    「3 受注者は、施工計画書提出時に実施の意向について監督員と協議を行い、実施の有無を決定するものとする。」 
    を追記

   ・第7条(検査)

    検査の受検について、”原則”電子データでの受検 に改訂

    情報共有システム活用試行要領 [PDFファイル/136KB]  

アンケート回答はこちらから。


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください