ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 建設政策課 > おおいた土木未来プラン2015(改訂) 取組状況(令和元年度)

おおいた土木未来プラン2015(改訂) 取組状況(令和元年度)

印刷用ページを表示する掲載日:2020年10月14日更新
 土木建築部では、平成27年10月に策定された大分県長期総合計画「安心・活力・発展プラン2015」(以下「県長期総合計画」)を補うとともに、部が所管する各種計画を推進するに当たっての基本的な考え方を示した土木建築部長期計画「おおいた土木未来プラン2015」(以下「プラン」)を平成27年度末に策定しました。
 また、令和元年度には、その後の社会情勢の変化を踏まえ、新たな課題への取組を盛り込むべく、県長期総合計画と合わせ改訂を行ったところです。
 このプランは、平成28年度から令和6年度までの9年間を計画期間としており、プランの推進にあたっては、毎年度、計画のフォローアップを行うこととしています。今回、令和元年度のフォローアップとして「おおいた土木未来プラン2015 令和元年度取組状況」を作成し、プランで設定した目標指標について、達成状況の評価を行いました。

おおいた土木未来プラン2015(改訂) 取組状況(令和元年度)

第1章 県土づくりの3つの分野の実施状況

第1節 安心な暮らしを守る強靱な県土づくり

1 治水対策の推進
2 土砂災害対策の推進
3 地震・津波、高潮対策の推進
4 交通安全対策の推進
5 社会資本の老朽化対策と適切な維持管理
6 危機管理体制の充実
第2節 活力と潤いのある魅力的な地域づくり

1 快適な都市空間の形成
2 潤いのある水環境の創出
3 快適な住まいづくりの推進
4 「おんせん県おおいた」のツーリズム支援
第3節 発展を支える交通ネットワークの充実

1 広域道路ネットワークの構築
2 地域道路ネットワークの充実
3 海上輸送拠点の強化

第2章 取組に当たっての視点の実施状況

1 県民参加型行政の推進
2 効率的・効果的な整備の推進
3 自然環境や周辺環境などへの配慮
4 人づくりの推進

第3章 土木未来プロジェクトの実施状況

1 豪雨災害対策
2 南海トラフ地震対策
3 九州の東の玄関口としての拠点化
4 大分都市圏交通円滑化対策
5 道路空間の再生
6 大分県公営住宅マスタープラン2020の策定及び推進
7 社会資本の集中的メンテナンス
8 建設産業の魅力発信

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください