ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 建設政策課 > おおいた土木未来プラン2005 取組状況(平成25年度)

おおいた土木未来プラン2005 取組状況(平成25年度)

印刷用ページを表示する掲載日:2014年10月16日更新

はじめに

 県では、大分県長期総合計画「安心・活力・発展プラン2005」の実現に向けた、県土づくりにおける基本的な考え方や方向性、整備の進め方を示した「おおいた土木未来プラン2005」(土木建築部長期計画 以下「プラン」)を、平成17年度末に策定しました。
 このプランは、平成18年度から27年度までの10年間を計画期間としており、プランの推進にあたっては、毎年度、計画のフォローアップを行い、策定から5年後にあたる平成23年度に、情勢の変化等を反映させた中間見直しを行い、より効率的・効果的な整備を目指すこととしています。
 今回、8回目のフォローアップとして、この『おおいた土木未来(ときめき)プラン2005 平成25年度取組状況』を作成し、各戦略毎の主な取組状況を示し、プランで設定した目標指標について、達成状況等により評価を行い、プランの進行管理を行いました。
 なお、目標指標の達成状況や評価については、その結果をプランの中間見直しや今後の土木建築行政にも反映していきます。

県土づくりの基本方針の取組状況

1.危機管理体制の充実と総合的な防災対策の推進
2.施設の適切な維持管理の実施
3.県民参加型行政の推進
4.効率的・効果的な整備の推進
5.自然環境との調和と循環型社会への対応

県土づくりの進め方

第1節 安心して生活できる県土づくり

1.土砂災害の防止
2.浸水被害の防止
3.地震災害への備え
4.交通安全
5.水資源の確保

第2節 交通ネットワークの充実

1.広域交流を支える道路網の形成
2.地域を支える道路網の充実
3.海上輸送拠点の充実

第3節 快適な生活環境の創造

1.快適な都市空間の形成
2.生活排水対策の推進
3.渋滞の軽減
4.住宅環境の向上

主要プロジェクトの状況

東九州自動車道・中九州横断道路
中津日田道路・玉来ダム(竹田水害緊急治水ダム)
大分駅周辺総合整備
大分中央幹線道路((都)庄の原佐野線)

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください