ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 工事検査室 > 土木工事施工管理の手引(平成30年2月改訂)

土木工事施工管理の手引(平成30年2月改訂)

印刷用ページを表示する掲載日:2018年2月1日更新

土木工事施工管理の手引

【適用時期】
 土木工事施工管理の手引(平成30年2月一部改訂)は、平成30年2月1日以降に起案した工事から適用する。

【主な改訂内容】
 ・現場組織表:「施工体系図」の様式変更。
 ・総合評価落札方式:履行義務のある技術提案等で、施工計画書に明記すべき事項を追記。
 ・工事に係る提出資料:「県産資材の購入調書」及び「大分県リサイクル認定製品の購入調書」を削除。
                総合評価落札方式(計画タイプ)の場合では「技術提案履行報告書」の提出を追記。  
 ・工程管理:工程管理上の留意点について追記。
 ・品質管理資料:度数表について、(測定数が8点未満は提出不要)と明記。
 ・出来形管理図表:測定数が8点未満の場合であっても提出が必要とした。
 ・施工管理図表:塗装膜厚測定関係の様式を追加。

「土木工事施工管理の手引」の一部改訂(平成30年2月1日)


「工事特性、創意工夫、社会性等に関する実施状況(土木、設備工事)」について



プレフロについてはここをクリックしてください