ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 公園・生活排水課 > 「大分スポーツ公園」のネーミングライツ(命名権)の延長について

「大分スポーツ公園」のネーミングライツ(命名権)の延長について

印刷用ページを表示する掲載日:2015年9月28日更新
調印式 大銀ドーム

「大分スポーツ公園」のネーミングライツ(命名権)の延長について

        大分県と株式会社大分銀行との間で締結している「大分スポーツ公園 総合競技場 等」のネーミングライツパートナーシップ協定について、
       現協定に基づき優先して交渉を行った結果、下記のとおり延長について合意いたしました。 
        現在の協定は、平成25年3月1日~平成28年2月29日までの3年間の期間ですが、さらに3年間協定期間を延長いたします。

愛 称

       総合競技場「大分銀行ドーム」                 野球場「だいぎんスタジアム」
       投てき場「だいぎんフィールド」                サブ陸上競技場「だいぎんグラウンド」
       サッカー・ラグビー場「だいぎんサッカー・ラグビー場」  テニスコート「だいぎんテニスコート」

スポンサー企業

       大分市府内町3丁目4番1号
       株式会社 大分銀行

愛称使用期間

       3年間(平成28年3月1日~平成31年2月28日)
       ※現在の期間(平成25年3月1日~平成28年2月29日)

契約金額

       年額 4,000万円(税込  4,320万円)
       ※現在の金額と同額

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください