ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 北部保健所 > 「在宅医療・介護に関する市民意識調査」結果について

「在宅医療・介護に関する市民意識調査」結果について

印刷用ページを表示する掲載日:2015年11月30日更新

「在宅医療・介護に関する市民意識調査」結果について

北部圏域(中津市、宇佐市及び豊後高田市)の市民の皆さんの、終末期等における療養の希望や在宅医療・介護に対する意識を把握するために、アンケート調査を行いました。
この調査で、北部圏域においても、全国調査と同様に約6割の方が在宅で療養したいと希望していることがわかりました。

【対象地域】
北部圏域の3市(中津市、宇佐市及び豊後高田市)

【調査対象】
平成26年12月1日現在の住民基本台帳に登録されている40歳以上80歳未満の市民

【対象者数】
各市1,000人 合計3,000人

【抽出方法】
無作為抽出

【調査方法】
郵送法(調査票の配付・回収とも)

【調査期間】
平成26年12月~平成27年2月

【調査項目(計13問)】
1.回答者属性         6問
2.在宅医療・介護について 7問

【回収数及び回収率】
回収数:1,730人 回答率:57.7%


    報告書
          2 調査結果

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください