ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 特定非営利活動法人の設立及び管理・運営の手引き > NPO法人の皆様へ NPO法改正に伴う定款変更はお済みですか?

NPO法人の皆様へ NPO法改正に伴う定款変更はお済みですか?

印刷用ページを表示する掲載日:2014年3月19日更新

 平成24年4月の法改正に伴い、定款を変更する必要が生じています。

 まだ定款変更を行っていない場合は、できるだけ次の総会で変更されるようお願いします。

 ※定款の新旧対照表はこちら

 定款例の新旧対照表 [Wordファイル/51KB]
 定款例の新旧対照表 [PDFファイル/99KB]

 ご不明な点は、大分県消費生活・男女共同参画プラザ 県民活動支援室(電話:097-534-2052)まで、お問い合わせください。 

 また、NPO法改正に伴う理事の変更登記はお済みでしょうか? 

以前からご案内のとおり、NPO法の改正に伴い平成24年4月1日からNPO法人の代表権に関する登記事項等が変更となりました。

これに伴い、登記されている理事について、変更登記が必要となる場合があります。

 

1.登記が必要となる法人

  平成24年4月1日時点において、定款に、例えば「理事長は,この法人を代表し、その業務を総理する。」等、特定の理事のみが法人を代表することを定めている法人などが該当します。

 

2.登記の申請内容

 1に該当する法人は,代表権を有する理事以外の代表権を制限された理事について、「平成24年4月1日代表権喪失」を原因とする変更登記を、平成24年9月30日までに行う必要がありました。

 変更登記が必要なNPO法人で、まだ手続を行っていない場合は、早急に変更登記を行ってください。

 必要な手続を行っていない場合は、過料の対象となる場合がありますので注意してください。

 詳しくは、大分地方法務局(電話:097-532-3161)にお問合せください。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください