ページの先頭です。
ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ようこそ知事室へ > 令和4年1月4日知事定例会見

ようこそ知事室へ

令和4年1月4日知事定例会見

印刷ページの表示 ページ番号:0020220104 更新日:2022年1月4日更新

動画は「おんせん県おおいた!ちゃんねる」へ (動画は近日中に掲載します)                                                   
日時:令和4年1月4日(火曜日)14時00分~
場所:第一応接室

記者会見時に配布した資料を掲載します。会見録は近日中に掲載します。


年頭に当たって

知事写真

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。今朝の新年仕事始め式で、私からは県の目指すべき方向として3点を職員に話したところです。 

 一つ目は新型コロナ対策です。新型コロナの感染拡大を引き続きしっかり防止するとともに、2年間にわたる感染で非常に痛んでいる社会経済を再活性化することで、新型コロナ対策を作り上げていきましょうと確認しました。

 オミクロン株が一番心配です。昨日、他県で感染して大分県に帰って来た人がいました。また、本日発表になると思いますが、今日も1人、他県から帰ってきて感染されていた方がいます。昨日の方は、本日の段階でオミクロン株疑いということはわかっていますが、今日の方はデルタ株ではなかったことから、オミクロン株疑いかどうか、検査しているところです。残念ながらオミクロン株の可能性が高いです。

 年末から申し上げていますが、県としては大分県に入ってくるのをとにかく抑えて、いろいろな対策の知見を得て準備していて、今のところ何とかできている状況です。これまでの県民の皆さんのご協力のおかげだと思います。

 2つ目は、少子高齢化・人口減少に対応して、大分県版地方創生を加速前進させることです。

 「人を大事にし、人を育てる」、「仕事をつくり、仕事を呼ぶ」、「基盤を整え、地域を活性化する」という3つの目標を年頭に置きながら、安心・活力・発展の大分県づくりを着荷実に進めていきます。特に人を大事にするというところは、去年の暮れに健康寿命日本一という、我々の目指す目標の一つを達成できた嬉しいニュースがありました。あとは子育て満足度、障害者雇用率も、しっかり高めていきたいです。

 人を育て大事にということでは教育も重要です。実力が上がる努力を自分でしてもらえるという基礎を作っていくことが教育の考えですが、学力の方は九州トップクラスになっています。体力の方も、小学校の5年生男子が全国1位、5年生女子と中学校の2年生男子も全国2位と、これもいい芽が出てきたと思っています。

 それから仕事をつくるため、農林水産業の成長産業化、商工業の効率化、合理化は、DXを中心にビジネスをするために必要なことですので、加速してやっていこうと考えています。観光も大分県にとって大事な産業ですので、旅割などにより旅行需要を増やして、商工業を活性化していこうと考えています。

 地域の活性化については、嬉しいニュースがありまして、後ほど発表させて頂きます。  

 3つ目は、DXと先端技術への挑戦です。社会課題、地域課題の解決のために、ドローンがいろいろ活用されていて、ドローンの性能をもう少し正確に測定する必要があります。大分県が初めて、産学官連携でドローンアナライザーを作りました。

 これが今、国のドローン試験場に導入されて非常に評判がいいです。自動車を売る時に自動車の性能を表示して売らなければならないように、ドローンもそういう時代になると思います。性能を計測することができるドローンアナライザーはこれから大事なものになると思います。

 それからアバター、遠隔操作ロボットも、いろんな分野で活躍していますが、嬉しいのは大分県のメーカーがアバターの生産拠点に選ばれまして、先端技術が地元に定着することになったのではと思っています。そして、今年は、まさに宇宙が面白くなるということで、宇宙港を中核にいろいろ宇宙ビジネスも盛んになっていくだろうと考えています。

 この三つを柱にすると御用始めに話したところです。

 そのために、県の職員にお願いしたのは4つです。

 1つ目は、県民中心の県政を心がけることです。2つ目は、県民中心の県政のため、県民の心、困っていることはどこにあるのか具体的に見るため、現場に出かけるという現場主義に徹することです。3つ目は、県民のためということを本当にするためには、県民の信頼がなければいけませんので、綱紀の維持粛正をしっかりすることです。4つ目に、チームみんなで、仕事をすることによって、仕事の効率も上がり、職員一人一人の健康維持になるため、明るく風通しの良い職場を作ることです。

 年末年始の県内宿泊施設の状況は、多くは一昨年並みということでしたが、中には昨年に比べると、10%、20%、50%も減っているところもありました。宇佐神宮や春日神社は、昨年よりだいぶ回復しましたが、例年より少し下回っているという感じです。県内の主要な観光施設は、一部、コロナ前に戻ったような感じのところが結構ありますが、一部ではまだ十分に戻っていないところもあります。

大分県産農林水産物プレゼントキャンペーン及び購入キャンペーンの開始について

 大分県産農林水産物プレゼントキャンペーン及び購入キャンペーンについてです。

 農林水産物のPRと観光振興を組み合わせて、おおいた多美多味(たびたび)キャンペーンを実施します。たびたびというのは、多い美しい、多い味で、多美多味(たびたび)と書きます。

 内容は2つありまして、1つは県内の対象宿泊施設に宿泊した方を対象とした、総額1億円相当の県産農林水産物をプレゼントするキャンペーンです。プレゼントは、おおいた和牛の焼き肉セット、関あじ・関さぼのりゅうきゅうや一夜干し、化粧箱入りベリーツなど1万円相当の品を贈る予定です。

 もう1つは、インターネットでお得に県産農林水産物を購入できるキャンペーンです。残念ながらプレゼントキャンペーンに当選しなかった方や、大分への旅行ができなかった方にも、お得に県産農林水産物を購入していただこうということで、3割引・送料無料の特別価格で、JAタウン内の特設ページから、どなたでも購入していただけます。

 キャンペーンの期間は、どちらも1月8日(土)から3月13日(日)までを予定しています。ふるってご活用頂ければありがたいです。

おおいた多美多味(たびたび)キャンペーンの開始について [PDFファイル/487KB]

2022年版 移住したい都道府県ランキング等について

 移住雑誌「田舎暮らしの本」を発行する宝島社から2022年版「移住したい都道府県ランキング」が発表され、大分県は、過去最高タイとなる8位となり、5年連続のトップ10入りを果たすことができました。

 また、「住みたい田舎」ランキングでは、豊後高田、臼杵、国東、宇佐、日田、大分などが、各部門で上位を占めています。結果、令和3年度の移住者数は昨年11月末現在で835名と過去最高のペースで推移しており、5年連続1,000人超えも見えてきました。

 ランキングだけでなく、実際の移住者も最高の数字になっているということで、地域の活性化もそれなりに進んでいると思っています。

2022年版 移住したい都道府県ランキング等について [PDFファイル/34KB]

令和3年の交通事故及び犯罪の情勢について

 交通事故及び犯罪の情勢についてです。昨年の交通事故情勢については、発生件数が2,304件、死者数36人、負傷者数2,755人といずれも減少しています。

 特に、死者数はこれまで39名が一番少なかった数字ですが、それを3人下回ることができました。警察をはじめ関係者のご尽力に敬意を表したいと思います。

 昨年の犯罪情勢は、刑法犯認知件数が2、888件で、一昨年に比べ199件減少し、過去最少となりました。

 交通情勢、犯罪情勢とも大きな成果が現れたと思っています。

 私からは以上です。

交通事故発生状況 [PDFファイル/674KB]

交通死亡事故の特徴 [PDFファイル/695KB]

大分県の刑法犯認知件数 [PDFファイル/111KB]


幹事社 オミクロン株について、12月21日の知事会見で、「いよいよ年末年始を迎えますが、クリスマスパーティーや初詣、新年会などの恒例の行事は普段通り行っていただいて構いません」とおっしゃっていたのですが、年が明けて帰省客を通じたオミクロン株の感染拡大が県内・九州で広がっています。これから新年会などがある中で、これまでどおりのメッセージでいいのでしょうか。


広瀬知事 結論的には、これまでどおりでいいと思っています。

 昨日と今日、可能性を含めて2件出ていますが、いずれも感染経路がはっきりしています。他県から帰ってきてすぐ発症したので、濃厚接触者は県内にいなく、市中感染があったわけでは決してないので、当面は今までどおりでいいと思っています。それ以上の用心の仕方がなかなかないため、我々も議論をして、方針は変えなくていいと思っています。

 しかし、オミクロン株も大分県に近づいてきたという感じがしますので、状況によって変えなければいけない時期が来るかもしれないですが、今のところ年末年始にお願いをしたとおりでいいと思っています。


記者 オミクロン株の現在の九州管内の感染状況を、どう考えておられますか。


広瀬知事 九州はポツポツ出てきて、特に福岡県が少し増え、沖縄もアメリカ軍基地で増えていますが、私は九州全体としては、今の段階で言えば、ある程度、押さえられているのではと思います。


記者 それを踏まえて、九州内の行き来について、提言するなどのお考えはないということでしょうか。


広瀬知事 ありません。

 大分県では、「新しいおおいた旅割」で、福岡県などの隣接県も対象としていますが、「ワクチン接種歴」または「陰性の検査結果」を確認するという「ワクチン・検査パッケージ」の提示を求めていますので、お客さんにもその協力をしていただければいいのではと思っています。

 今の段階で、オミクロン株はどのように感染するかよくわからず、感染力が強いとはいえ、あまり神経質になるとほとんど動けなくなるという状況になると思います。

 もっと状況の分析ができた段階で、必要な手を打てばよく、今のところは年末年始のお願いのとおりでいいと思っています。


記者 オミクロン株についての備えというのは、年末に県から発表がありましたが、検査体制の拡充や、3回目のワクチン接種の推進などには変わりはないのでしょうか。


広瀬知事 マスク、手洗い、3密防止と、常時換気といった基本的な感染対策を引き続きお願いします。また、3回目のワクチン接種もお願いします。県は、万一の備えとして、病院やホテルを確保しておくことを心がけています。

 ワクチン接種は、今お医者さんに、接種している段階で、これを順次広げていきます。


記者 「おおいた多美多味(たびたび)キャンペーン」について、その狙いを教えてください。


広瀬知事 コロナにより、農林水産物が売れないため、県内対象宿泊施設に宿泊した方を対象に県産農林水産物をプレゼントし、大分の農林水産物をPRすることが狙いです。


記者 宿泊施設の状況の一部は一昨年並み、一部はまだ50%減ということでしたが、価格帯や、施設の規模などに応じた傾向があれば教えてください。


広瀬知事 では、商労観光労働部から後ほど、ご説明させていただきます。


記者 宇宙港について、打ち上げの目途や試験的な打ち上げをいつ頃されたいなどあれば教えてください。

 


広瀬知事 県民の皆さんが本当に気になっておられると思いますが、私が一番気になっています。打ち上げの目処はわからないです。できれば早めに、皆さん方にお伝えしたいと思っていますが、現時点では、具体的な見通しは立っていません。

 早ければ今年の後半と言っているのは、県とヴァージン・オービットとの間で、そういう方向を確認しているからです。


記者 目途が立たないのは、知事のご認識では、制度的な面、ヴァージン・オービット側の面、打ち上げたい顧客的な面のどちらの面からだと思われますか。


広瀬知事 いろんな面があるでしょうね。

 打ち上げの準備が出来たという時に、お客さんがいなければ、打ち上げできないということになるので、お客さんも大事な要素です。

 国の検討も必要になってきます。これまで、飛行機を飛ばすのは航空法でよかったですが、人工衛星を付けて飛び立つのは、今の航空法で問題ないか議論する必要もあります。

 大分県としても、多くの施設の整備をする必要があります。いつまでに整備する必要があるか決まっていない中で、早く整備して金利がかさむよりも、ギリギリまで待ちたいということもあるかもしれません。いろいろなことが絡み合っていると考えていただいていいのではないのでしょうか。


司会 他になければ、終了させていただきます。ありがとうございました。


※知事及び記者の発言内容については、単純ミスと思われる字句、重複した言葉づかい等を整理の上、作成しています。[記録作成:企画振興部広報広聴課]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページの先頭へ