ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 新型コロナウイルスに関するお知らせ > 新型コロナウイルス感染症対策本部及び社会経済再活性化緊急推進本部合同会議からのお願い等

本文

新型コロナウイルス感染症対策本部及び社会経済再活性化緊急推進本部合同会議からのお願い等

印刷ページの表示 ページ番号:0000030330 更新日:2021年3月30日更新

令和3年3月30日開催

新型コロナウイルス感染症に関する今後の対応について

令和3年3月30日
大分県新型コロナウイルス感染症対策本部
大分県社会経済再活性化緊急推進本部

 

 本県における新規感染者は、3月に入って大幅に減少し、感染が確認されない日も多くみられるなど、ステージⅠの状態が続いています。これも、県民の皆様の感染防止に対するご協力のおかげであり、あらためて感謝申し上げます。
 今回の新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言は全面解除されましたが、一部地域では、感染の再拡大の動きが見られます。県民の皆様には、3月末まで感染防止の徹底に取り組んでいただいていますが、4月以降も、引き続き油断なく次の感染防止策をお願いします。

 

1 感染防止策について
 (1)本県でも変異株による感染やその疑い事例が4件確認されており、その都度、積極的疫学調査を
  実施し、感染拡大の封じ込めに努力しているところです。その中で、県民の皆様に是非参考にして
  いただきたい事例があります。1例目の患者は、
県外から帰宅後、外出を控え、発症後は速やかに
  医療機関を
受診されています。また、医療機関側も防護服を着用して診療・検査を行っており、こ
  うした関係者の対応のおかげで、ご本人だけの感染にとどめることができました。変異株の有無に
  関わらず、早期発見、封じ込めが大事です。是非ご協力をお願いします。

 (2)また、これから4月を迎え、花見や歓迎会など、人の動きや会食の機会が増えることが見込まれ
  ます。会食時には、「会話時のマスクの着用」、「大声での会話の回避」、「斜め向かいに座るなどの
  配席の工夫」、「少人数・短時間での実施」などの対策をお願いします。「大人数での会食」を行
  う場合には、3密」状態にならないよう配席の工夫はもとより、席の移動を行わないことを、参
  加者全員が気をつけながら実施してください。感染拡大地域への旅行や出張の際は、混雑した店
  を避けて同行者のみと食事を行うなど、特に注意をお願いします。かねてからお願いしている、
  入念な手洗いやマスクの着用、3密の回避など「基本的な感染防止策」の徹底も引き続きお願い
  します。

 (3)イベント開催については、感染拡大防止ガイドラインを遵守した上で、収容定員の50%以内の
  人数制限を継続するなどの取扱に変更はありません。

2 ワクチン接種について
 (1)医療従事者向けについては、1回目の接種が5月中旬には完了する見込みです。
 (2)また、高齢者向けについては、4月中旬から施設入所者を対象に接種を行うこととしており、そ
  の後、5月上旬から入所者以外の高齢者への接種を始める予定です。
 (3)一般の方は、高齢者や基礎疾患のある方等への接種が終わり次第始めることにしています。

3 社会経済の再活性化について
 感染防止の取組が長期間にわたる中で、生活がさらに厳しくなるとともに、観光関連産業や飲食業
 をはじめとした社会経済活動の停滞が見受けられます。
県としては、感染の再拡大の防止を図りなが
 ら、社会経済の再活性化に向けた対策を迅速かつ確実に実行していきます。

 活福祉資金等支援について
 (1)生活福祉資金
  収入が減少した世帯の生計を維持するため、緊急小口資金等の特例貸付を実施しています。3月2
  6日現在で、約2万件、貸付額は約96億円となっており、受付期限については、6月末まで延長
  しています。

 (2)子育て世帯生活支援特別給付金
  子ども(18歳未満)がいる低所得者世帯へ一人当たり5万円の特別給付金を支給します。
  ひとり親世帯への3度目の支給と併せ、今回初めてふたり親世帯に対する支給を実施します。
 事業者への支援について 
 (1)応援金
  新型コロナ関連融資を受けて事業継続に取り組む事業者への応援金は、2回の増額により法人70
  万円、個人事業者35万円としており、3月26日現在で、約16,500者に89億円を給付してい
  ます。申請受付から10日程度でスムーズに給付しています。
 (2)融資
  県制度資金に、経営改善や再活性化のための新たな資金を設けるとともに、新型コロナ関連の低利
  資金を継続するなど、
令和3年度当初予算で過去最大となる1千億円の新規融資枠を確保し、金融
  支援に万全を期します。

 ○観光関連産業への支援について
 (1)県民を対象に県内旅行代金の半額補助(上限額:宿泊 5,000円、日帰り 2,500円)を行う「新
  しいおおいた旅割」は、3月20日利用分から開始しており、宿泊の予約状況は、好調のようで
  す。
また、国において、ステージ2相当以下の都道府県が独自に行う県内旅行の割引事業につい
   て、新たな支援策が発表されたことを踏まえ、県も追加の支援を検討しているところです。

  光関連産業を支援するためにも、この機会にぜひ県内旅行をお楽しみください。

 ○飲食店等への支援について
 (1)25%プレミアム付きGo To Eat食事券「おおいた味力食うぽん券」を60億円発行し、3月9
  日に全国2番目の早さで完売しました。そのうち、3月23日現在で40億円以上が使用されてい
    ます。
引き続き飲食店を応援するため、20%プレミアム付き「おおいた味力食うぽん券 第2
   弾」を30億円発行し、4月21日から販売を開始します。

  いずれも6月末まで利用できますので、感染防止策をとった上で飲食を楽しんでいただきたいと思
  います。
 (2)緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金の受付が、3月8日から始まっています。宣言地域外
   でも外出自粛などの影響を受けている飲食店をはじめ幅広い業種が対象であり、支援要件の緩和
  や柔軟な運用が行われるよ う国へ要望したところです。売上げが50%以上減少している事業者
   は、商工団体等の登録確認機関(県内283機関)にぜひご相談ください。
   
   ワクチン接種の日程もかなり見えてきましたが、全ての接種が完了するには、まだ時間がかかる
  と思われます。他方、新年度を迎えて、入学や転勤により人の動きが多くなります。県民の皆様に
  は、引き続き警戒感を持って対応していただくようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症に係る今後の対応について [PDFファイル]

県民の皆様へのお願い [PDFファイル]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)