ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

事業者の皆様へ

印刷ページの表示 ページ番号:0002110923 更新日:2021年5月21日更新

事業者の皆様へ ご確認ください!

新型コロナウイルス感染防止に向けた取組について

 本県でも、新型コロナウイルスの変異株による感染者が急増し、カラオケや結婚披露宴の2次会などでのクラスターも続発しています。

事業者の皆様には、あらためて業種別ガイドラインを遵守・徹底いただくとともに、従業員や事業関係者等に感染者が発生した場合には保健所が行う積極的疫学調査へのご協力が必要となります。

 新型コロナウイルスの今後の感染拡大を防ぐため、以下の3点について再度ご確認をお願いします。

 

1.業種別ガイドラインの遵守・徹底について

 業界団体が作成した業種別ガイドラインには、「具体的な感染防止対策」が記載されています。

小規模企業・個人事業者の方も、あてはまる業種・施設のガイドラインを再度ご確認いただくとともに、遵守・徹底をお願いします。

新型コロナウイルス業種別ガイドラインはこちら → https://corona.go.jp/prevention/pdf/guideline.pdf

新型コロナウイルス感染症対策マニュアル(大分県信用組合提供) [PDFファイル/5.59MB]

2.感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律の一部改正について

 令和3年2月に改正された感染症法では、感染者等が積極的疫学調査に正当な理由がなく協力しない場合には、罰則についての規定も定められました。

 万一、感染者が確認された場合は、感染拡大を防ぐため保健所が行う積極的疫学調査については、全面的なご協力をお願いします。

 

3.感染者が確認された場合の店舗名公表について

 感染防止の観点から、以下に該当する場合は感染症法(第16条)の規定に基づき店舗名等を公表することとなります。

  ・感染者に接触した可能性がある者を把握できていない場合

  ・業種別で作成されているガイドラインに定められた感染対策が適切に講じられていない場合

 ※また、現在、県内外ともに変異株による感染が急速に拡大しています。カラオケ喫茶や(接待を伴う)飲食店など感染事例が多い業種の事業者の皆様には、業種別ガイドラインの遵守・徹底はもとより、名簿等の記録による利用者管理を行うなど、可能な限りの対策に努めてください。

以下よりお知りになりたい情報を選び、クリックしてください。

県からのお知らせ 支援 業種別ガイドライン 外部

         前に トップ


  ③密など

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)