ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 不妊でお悩みの方へ > 申請期限及び支払方法について

申請期限及び支払方法について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新

申請期間

※ 特定不妊治療(体外受精・顕微授精)を受けた場合は、1回の治療が終了した日の属する年度の3月末日までとします。
 1回の治療が3月中に終了した場合は、翌年度の4月末日までに申請することができます。(ただし、この場合は、翌年度分の助成となります。)

 ※2月以降は窓口が大変混み合いますので、できるだけ治療終了後2か月以内に申請をお願いします。
   2月以前に治療が終了した方は、3月末までに申請が必要です!!

 ※通算助成回数が6回を超える方、及び年齢が43歳以上で開始した不妊治療の助成申請はできません。

 ※3月末日、4月末日が閉庁日にあたる場合は、直近の開庁日までとなりますのでご注意ください。
  (例)3月31日が日曜の場合は3月29日の金曜日が締切

支給方法

  審査の結果、給付を決定した方には、大分県不妊治療費等助成金給付決定通知書を交付します。
  同時に交付する大分県不妊治療費等助成金請求書の提出により、後日、個人口座にお振り込みします。

申請窓口・お問合先

●申請書(用紙)等の交付・申請等の窓口

申請者の住民登録がある市町村を管轄する県の保健所・保健部へ申請を行ってください。県の保健所・保健部

●事業全般の問合せ先

県の保健所・保健部 または、こども未来課 こども企画班(097-506-2718)


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください