ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学校教育 > 義務教育(確かな学力、豊かな心) > 道徳教育 > 「特別の教科 道徳」について ~「道徳の時間」から「道徳科」への変更点~

「特別の教科 道徳」について ~「道徳の時間」から「道徳科」への変更点~

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月7日更新

平成27年3月に小中学校の学習指導要領等が一部改正され、「道徳の時間」が「特別の教科 道徳」として実施されることになりました。平成27年7月には、「学習指導要領解説 特別の教科 道徳編」も示されました。小学校では平成30年、中学校では平成31年に全面実施となります。平成27年から、小中学校ともに、移行期間となっています。

全面実施に向けて、変更になった点や今後も引き継がれていく理念等を理解しておく必要があります。そこで、「特別の教科 道徳」のポイントをまとめました。また、小学校、中学校の内容項目についても、それぞれ整理しましたので、ご活用ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)