ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 学校教育 > 特別支援教育 > 第三者評価 > 新生支援学校 評価書

新生支援学校 評価書

印刷用ページを表示する掲載日:2019年3月27日更新
重点項目評価項目評価の観点評  価
学校の
組織運営
1 校長のリーダーシップ*社会のニーズ等を踏まえた学校経営ビジョンの設定
*学校目標、学校運営計画の適切な設定と教職員の共通理解
*的確・適切なリーダーシップの発揮、教職員からの信頼
学校経営ビジョンは、「学校経営理念」や「グランドデザイン」で、適切に位置付けている。「知的障がい者の支援センター」という視点が良く、リーダーシップとチームワークの良さがあり、学校としてまとまりをもって、改善に取り組んでいた。
2 組織的運営・責任体制*教育目標、学校運営計画との一致
*組織的な運営・責任体制の整備、校務分掌の機能
*幼・小・中・高の一貫性のある指導体制の整備
校長等の管理職、学部の主幹教諭、分掌主任の連携は良く、小・中・高の連携の良さが確認された。
3 服務監督・危機管理体制*内規、危機管理マニュアル等の適切な整備
*事件・事故発生時の迅速で適切な対応
*法令に則った医療的ケア実施体制の整備
緊急時の対応について、マニュアルが整備されている。概ね適切に取り組まれている。
4 家庭・地域との連携、情報提供*幼児児童生徒及び保護者の満足度や要望を把握する取組
*学校ホームページの活用、学校便りの発行等による情報の伝達
 ・公開の取組
保護者への説明、願いの聴取に関する取り組みがなされていた。概ね適切に取り組まれている。
5 センター的機能*小・中学校等の要請に応じた巡回相談等への積極的取組
*特別支援教育のセンターとしての特色ある取組
*組織的に取り組む校内体制の整備
巡回相談は昨年度より増加していて、巡回相談を実施している学校の自校解決に向けた取り組みを推進していた。学校見学への対応や、地域貢献としての講演・演習の取り組みがあった。
学習指導1 授業*障がいの状態や特性、発達の段階等に応じた指導
*一人一人の指導目標・方法の共通理解に基づいた実践
*学習効果を高めるための外部専門家との連携等の工夫
*幼児児童生徒の自主的・主体的な学習への取組
「指導の手引き」や「年間指導計画スタンダード」を改訂して、共通理解を図る努力をしている。年間指導計画がしっかりしている。自立活動の目標設定の手続きを意識した試行的な取組に改善が見られた。授業については、教育内容で整理する試みと、その学習評価の工夫が必要である。
2 指導、支援のための計画の作成と活用*チェックリスト等に基づく実態把握の実施
*保護者のニーズの把握、PDCAサイクルによる指導改善
*保護者等と連携した教育支援計画の作成、長期的視点の支援
アセスメント研修について精力的に取り組み、実績が積み重なっていた。専門家を活用した研修にも取り組んでいた。学習状況の把握の方法を、知的障がいの状態や発達の段階をふまえた教科指導の視点で検討する必要がある。
子ども(保護者)の夢(や願い)をもとにした将来計画である「PATH」については、試行的に取り組まれていて、今後の広がりが期待される。
3 授業研究・授業改善*社会のニーズや学校の教育課題等に基づく学校研究への取組
*計画的な授業研究の実施等による授業改善への取組
*専門性向上のための積極的取組、専門性の高い授業実践
改訂された学習指導要領を踏まえて、学校として取り組み始めている活動があった。
アセスメントを活用した授業改善の手続きが整理され、前進がみられた。
職業教育
及び
進路指導
1 進路指導*組織的なキャリア教育(進路指導)への取組
*本人・保護者の進路希望の把握、きめ細かい進路指導
卒業生の就業状況は悪くなく、定着についての情報把握もあり、適切に取り組まれている。
2 就業体験の機会の確保*福祉・労働施策や関係機関の事業等の情報収集の取組
*実習先、就労先等の開拓に関する積極的取組
*作業学習等の学習の工夫・改善への取組
*地域や産業界等の協力等による就業体験の充実
就労支援アドバイザーの努力により、開拓機関が多くなり、情報がしっかりしていた。作業学習の現状と今後の検討課題が整理されていて、その取組が期待される。木工や窯業の作業が生徒にとって分かりやすく工夫され、改善が見られた。
3 職場開拓*地域の企業、福祉・労働の関係機関等との密接な連携
*教職員・保護者が一丸となった職場開拓
就労体験のために実習先の確保に努力していて、PTAの校内研修や進路だより等で充実を図っていて、概ね適切に取り組まれている。
生徒指導1 心の教育*豊かな人間関係が構築できるための幼児児童生徒の育成
*社会の一員としての意識を身につけるための計画的指導
生徒指導部の分掌がしっかり機能して、いじめや不登校への対応も、概ね適切に取り組まれている。
2 生徒指導*医学的・心理学的な情報収集を通した幼児児童生徒理解
*組織的な生徒理解、生徒指導に関する取組
児童生徒が落ち着いて活動に取り組んでいて、日頃からの取り組みの良さが分かる。
3 教育相談*保護者等に対する専門的な立場からの助言
*教育相談等に関する知識習得や技能向上に向けた取組
小学校や中学校からの転入者の中には不登校や自己肯定感の低下など、多くの困りを抱えた児童生徒も含まれるが、苦慮しつつも適切に対応している。
4 特別活動*学校、地域の実態等に即した学校行事等の取組
*開かれた学校作りを意図した地域住民への理解・啓発の取組
*交流及び共同学習への積極的取組
防災部を中心とした、地域住民への理解・啓発の取組があり、概ね適切に取り組まれている。
5 保健・安全管理*健康観察や疾病予防など、健康管理のための日常的取組
*校舎や学校周辺の安全点検等の定期的取組
*地域の関係機関との連携による安全確保の取組
医療的ケアを含めて、危機管理が適切に行われていて、校内は整理整頓されている。防災部と生徒指導部が連携して取り組んでいる。
全般 障がいの状態や発達の段階等に応じた
 適切な配慮
*教育活動全般にわたる、障がいの状態や発達の段階等に応じた
 適切な配慮
発達の段階に応じた個別の指導計画と特性に応じた支援の努力がされている。障がい程度に幅がある大規模校であるが、まとまりよく統率が取れて指導や支援に取り組んでいる。
 
総合評価校長のリーダーシップにより、チームワークよく改善に取り組んだ様子が確認された。具体的には、アセスメントの研修、個別の指導計画の書式の改善、キャリア教育の試みとしての「PATH」などである。
授業については、学習環境や個別の指導の工夫があり、チームティーチングなど、全体にバランスの取れた適切な配慮がなされている。
 
校長
コメント
学校経営理念に本校の使命を明記し、全教職員が共通理解するとともに使命達成に向けて取り組みを進めてきた。子どもたち一人一人の未来を見据え、今取り組むべき課題を明らかにして行う教育は、各々の卒業後の生活を豊かにすることに繋がると考えている。そのためには、本年度試行的に取り組みを進めた「PATH」の技法を用いた「支援者ミーティング」の導入を行っていく必要がある。次年度は「PATH」導入も含め、今回の評価で明らかになった課題を重点的な取り組みに位置付け、さらに「教育の質」を高めながら使命を全うしていきたいと考えている。今回、様々なご助言をいただいた第三者評価委員の皆様に感謝を申し上げます。