大分県トップページ > 大分県議会 > 新年議長あいさつ

新年議長あいさつ

印刷用ページを表示する 更新日:2021年1月4日更新

新年議長あいさつ

第73代議長  麻生 栄作

麻生   新年明けましておめでとうございます。県民の皆様におかれましては、健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 昨年は、新型コロナウイルスの感染拡大や7月豪雨災害という大きな試練に見舞われました。
 この場をお借りし、昼夜を分かたず、現場の第一線でコロナ対策や復旧に当たられております皆様に感謝を申し上げますと共に、豪雨で被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。
 県議会では、被災地域の皆様をはじめ、コロナの影響を受けた方々の声をきめ細かくお聴きし、知事に緊急提言を行うなどスピード感を持って対応してまいりました。
 災害に関しては応急復旧が完了し、年度内のJR久大本線 全線運転再開を目指す方針も示されるなど、復興に向けた工事が進められています。
 また、病床確保や検査態勢の整備、ワクチン及び治療薬の開発などコロナ感染症対策も進展しています。それまでは手洗い・マスク着用等、「新しい生活様式」を身につけ、大分県で一丸となって乗り越えてまいりましょう。
 ウィズコロナは「遠隔」や「非接触」をカギとした新たな時代の始まりです。さらに、アフターコロナを見据え、AIや先端技術による産業振興に、県議会としても力を尽くしてまいります。
 今年こそは、延期されていた東京オリンピック・パラリンピックや、第5回「山の日」記念全国大会などのビッグイベントが無事に開催され、日本に、そしてここ大分県に皆様の笑顔があふれることを心から強くお祈り申し上げ、新年のご挨拶と致します。皆様、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
大分県議会では、本会議の模様を生中継や録画中継により配信しております。ぜひ、ご覧ください。