ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 大分県日田土木事務所 > 令和2年梅雨前線豪雨災害からの復旧・復興

本文

令和2年梅雨前線豪雨災害からの復旧・復興

印刷ページの表示 ページ番号:0002134668 更新日:2020年9月1日更新

令和2年梅雨前線豪雨災害からの復旧・復興

 令和2年梅雨前線豪雨は、日田市に甚大な被害をもたらしました。椿ヶ鼻雨量観測所(日田市前津江町)では、24時間雨量497.0ミリ、48時間雨量813.0ミリを観測し、いずれも観測史上最大となりました。この豪雨により道路の寸断や河川の氾濫など、市内各所で甚大な被害を受けました。

 現在、被災した施設を復旧する工事を順次実施しているところですが、特に被害が甚大であった箇所については、改良復旧事業及び緊急対策事業により復旧作業を進めています。

被災直後の状況

玖珠川(新天瀬橋)

国道442号(栃原)

玖珠川

  河川災害関連事業 実施中(山ノ釣工区及び湯ノ釣工区)

杉河内地区

  災害関連緊急急傾斜地崩壊対策事業 実施中

上谷川

  災害関連緊急砂防事業 実施中

宮田川

  災害関連緊急砂防事業 実施中

貫見川

  災害関連緊急砂防事業 実施中

国道442号

  災害復旧事業 実施中

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)