ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 大分空港海上アクセス > ホーバークラフト旅客ターミナル施設ワークショップの開催結果について

本文

ホーバークラフト旅客ターミナル施設ワークショップの開催結果について

印刷ページの表示 ページ番号:0002146271 更新日:2021年11月9日更新

ホーバークラフト旅客ターミナル施設ワークショップの開催結果について

ホーバークラフト発着地となる大分港西大分地区に整備する旅客ターミナル施設に関するワークショップを、大分市内で令和3年10月8日に開催しました。
たくさんのご意見・ご要望をいただき誠にありがとうございました。
いただいた貴重なご意見・ご要望は、今後の施設の整備及び運営等に役立ててまいります。

主催

大分県、第一交通産業株式会社(運航事業者)、藤本壮介設計事務所(設計者)

開催日時

令和3年10月8日(金曜日)18時00分~20時00分

開催場所

大分県医師会館 7階 大会議室(大分県大分市駄原)

参加者

地域住民、障がい者、学生、経済団体、観光団体、地域づくり団体、交通事業者など、各団体から事前に参加申し込みをいただいた約60名。

内容

(1)大分空港海上アクセス整備事業について(大分県企画振興部交通政策課)
海上アクセス導入の意義やホーバークラフト導入の経緯などの説明を行いました。

大分空港海上アクセス整備事業について

(2)ホーバークラフト運航事業について(第一交通産業株式会社 小田氏)
運航事業者に決定している第一交通産業株式会社が、ホーバークラフトの運航に対する考え方などの説明を行いました。

ホーバークラフト運航事業について

(3)旅客ターミナル施設の設計について(建築家 藤本壮介氏)
ターミナル設計者である藤本壮介氏が、ターミナル施設の設計コンセプトや施設利用のイメージ等についてオンラインで説明を行いました。

旅客ターミナル施設の設計について
旅客ターミナル施設の設計について(2)

(4)意見交換
参加者と意見交換を行い、たくさんのご意見・ご要望をいただきました。

意見交換

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


お知らせ
導入の経緯
運航事業
地元説明会
船舶建造状況