ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

株式会社坂井建設

印刷用ページを表示する掲載日:2019年3月29日更新

女性のやる気を育てる企業

株式会社坂井建設

「男社会」というキーワードをイメージしがちな建設業界ですが、株式会社坂井建設で働く社員(パート社員含む)の6割以上は女性。事務所内には、かわいらしく飾られた案内板や花があり、木のぬくもりがあふれる商談室には間接照明が置かれていて、柔らかさと落ち着きが漂っています。

これほど多くの女性が建設会社で働いている理由は、一体何なのでしょう…気になりませんか。実際に働いている女性社員に話しを伺いました。

女性比率6割超えの建設会社 採用の軌跡

 社員の募集を毎年行っている同社は、毎回女性を採用しているのだそうです。「営業や営業事務など採用する職種に性別は問いません。ただ、現場管理員を募集した時は全く集まりませんでした(笑)。とにかく男女にこだわらず、ずっと新卒採用をしていきたい。」代表取締役の坂井 泰久さかい やすひさ氏は話します。

「当社は、リーダーとして女性が輝ける職場です。男性だから女性だからと区別つけずに任せてもらえるというのは、他の会社ではなかなか無いかなと思います。」と、入社3年目、広報支援室の大谷 尚子おおたに しょうこさんも仕事にやりがいを感じているようです。

しかし、優秀な女性が成果を出し始め、これからだというタイミングで訪れるのがライフステージの変化。長時間労働が当たり前だった同社では、結婚・出産後も以前と同じように働き続けていくのは難しく、有能な女性社員が次々と辞めていく時期が数年前まで続いていました。

女性社員の離職理由に正面から向き合って

 「定時を過ぎたら帰っていいと言っても、上司が残っていれば帰りづらい。だから事務所内を強制的に消灯するようにしたんです。最初に”午後10時に強制的に電源が落ちる”と決めたら、社員からものすごい反対があって。」長時間労働、残業が常態化していた中、代表が率先して労働時間の見直しを図り、当初は反対していた社員の意識を徐々に変えていきました。

定時に帰れなかった時代を知る入社8年目、広報支援室の藤田 美和ふじた みわさんは、見直し後の働きやすさを実感していると言います。「結婚後も働いて欲しいと代表から言われても、以前なら『辞めます!』と言っていました(笑)。実際に結婚して長く働き続けられるかと考えた時、今の職場環境なら『働きたい!』と思えるんです。」と、迷いのない、真っ直ぐなまなざしで答えてくれました。

ママ社員の時間意識を理解する

日頃から「結婚・出産してもずっと働いてほしい」と伝えていると言う坂井氏ですが、以前はことごとく「無理だ」という返事ばかりだったそうです。

その原因が長時間労働にあるとみて、坂井氏は、働き続けるための職場環境や労働条件を女性社員から直接聴き取っています。「『一人ひとり個別の労働時間を認めたら働けるか』と聞くと、サラッとOKが出ました。就業規則をすべてみんなと一緒にすると、出勤時間や夕食の時間など、家庭との両立が難しくなる。働く時間を柔軟にしてもらえれば働き続けられると言われたんです。」

女性社員が働き続ける職場にするにはどうすればよいか、社員一人ひとりの声から様々な取り組みが始まります。

一人ひとりに合った「働きやすさ」 時短制度の導入

 結婚した後も働き続けられるよう、同社は「時短社員制度」をスタートしました。さらに、月に一度のペースで上司と面談し、一人ひとりが希望する働き方や労働時間を聴いた上で、柔軟に勤務条件を変えているそうです。

「戦力として働いてくれる社員が会社に残ってもらえるんだったら、仮に3時間でもいい。働きやすい環境を整え、仕事を続けてもらうのが大事です。」と、社長は胸の内を語ってくれました。“社員第一”の強い想いが、フレキシブルな労働時間を実現しているのですね。

子育てサポーター制度スタート!

ママにとって初めてのことだらけの子育ては、不安が尽きません。そこで、育児に関する心配事を社員同士で相談できる「子育てサポーター制度」を2019年1月から導入したそうです。

パート社員を経て正社員になった女性から、働きながら子育てをするのがとても大変だったという話を聞いたことがきっかけで「この方だったら働きながら子育てをする大変さ、悩みを社員同士で共有してくれるんじゃないか」と、藤田さんと大谷さんは、この社員に子育てサポーターになってくれるように交渉したのだそうです。もちろん、一部の女性を対象にして行うものではなく、男性社員も相談でき、しかも就労時間内に利用することができる制度として機能しています。社員自らも働きやすい環境づくりを積極的に進めているのです。

社内保育園がやりたい!代表の言葉が間もなく実現

 坂井氏は、社内保育園を作りたいという想いをずっと抱いていたのだそうです。これまでも同社は、女性社員とお客さんが快適に過ごせるように、女性トイレを増設・整備したり更衣・授乳室を設置したりと、ソフトだけでなくハード面の充実を図ってきました。そしていよいよ、社員のための保育園設置に乗り出すそうです。

以前から、社員の赤ちゃんを事務所で一時的に面倒を見るということは度々あったとのことですが、目がすぐ届く場所で、安心して子どもを預けられる場所を確保し、社員の働きやすさのための策をまた一つステップアップさせる為に動き始めています。

 社員が声をあげて会社をより良くしようとする姿勢。そして社員の声を漏らさずに聴き入れ、可能な限り実現しようとする同社の動き。事務所内にいる社員のみなさんが笑顔で働いている様子を見ると、明るく、風通しがいい企業だと感じました。そして、同社の取り組み、制度は、どれも女性社員に優しいものばかりでした。

会社概要

企業名株式会社坂井建設
事業内容注文住宅の設計・施工・販売・アフターサービス・リフォーム工事一式
設立1961年(昭和36年)1月
所在地 〒879-7761
大分市中戸次5890番1
Tel 097-597-1953
代表取締役坂井 泰久
従業員数53名
URLhttps://www.saladhome.com/

※ 2019年2月現在


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください