ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 香々地青少年の家 > 事業・イベント情報 > 今年度の事業・イベント > 星空観察会とプラネタリウム上映会について

星空観察会とプラネタリウム上映会について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年11月14日更新

プラネタリウム上映会

 デジタルプラネタリウム

 毎月第3日曜日は「デジタルプラネタリウム上映会」の日!県内唯一のデジタルプラネタリウムです。画像でわかるように一つひとつの星の色までリアルに再現できます。また、その日の夜の星座や星の見つけ方、月、惑星、宇宙船内での実験なども紹介します。是非、香々地青少年の家でプラネタリウムを体験してみてください。

大口径ドームに広がる映像には、太陽系を飛び出し銀河の果てまでの宇宙旅行を体感するような迫力があり、星座や惑星について楽しく学べるような魅力があります!

※上映プログラムは、季節やその時々に合わせた内容です。

※ 事前のお申し込みが必要です。(当日可)

※ 団体で御利用の方は、改めて日時を設定できます。   香々地青少年の家まで、お電話ください。

(Tel 0978-54-2096)

上映日時

毎月第3日曜日 1日2回上映

【午前の部】11時00分~11時50分
【午後の部】13時30分~14時20分

  • 県内小中学生・・・無料
  • 県内高校生、青少年団体等、県外小中学生・・・110円
  • 大人・・・230円

予定日(解説者・内容)

12月15日(日曜日) 

解説 メジロン(終了)

 1年で1番日の入りが早い冬至の日今年は12月21日です。この日は夕方の5時半にはもう暗くなっています。夏至の日の太陽の通り道、冬至の日の太陽の通り道の違いから太陽の出ている時間について考えてきます。また、日の出、日の入りとはどんなことなのか考えます。秋の星座とこれから昇ってくる冬の星座についても解説します。 

 1月19日(日曜日) 

解説 すまぴょーん

 オリオン座などの冬を代表する星座がよく見える季節となりました。夕方西の空には金星が明るく輝いています。 冬は空気が澄んでいて星空観察には、適しています。 夜空に輝く明るい恒星(自ら輝く星)1等星は21個あり、そのうちの多くの1等星がこの時期観察できるようになります。冬の代表的な星座とともに冬の大三角、冬のダイヤモンドを形成する1等星を紹介します。

 2月16日(日曜日) 

解説 ヌマティ

 2月は、地平線近く(空の低い位置)の天体が面白いです。日の入り直後の西の空には、水星が見られます。また、その上に宵の明星の金星が明るく輝いています。さらに、恒星の中では2番目に明るいカノープスが南の低空に姿を現します(大分県で見える場所を教えます)。プラネタリウムで、1番明るいシリウスと比べてみましょう。よく知られていないマイナーな星座も紹介します。

2020年予定

  3月15日(日曜日)


香々地青少年の家 facebook
Googleカレンダー ※準備中