トップページ > 大分県警察本部 > インターネットを安全に使用するために

インターネットを安全に使用するために

印刷用ページを表示する 更新日:2016年3月3日更新

インターネットを安全に利用するために大切なこと

みんながインターネットを安全安心に使用するためには、『セキュリティ』に対する意識向上と『インターネットにおけるモラル』を守ることが重要になります。

セキュリティを高めよう

サイバー犯罪の被害に遭わないために、3つのポイントを守りましょう。

 OSやソフトウエアは、常に最新の状態にしておくこと

  パソコンやスマートフォンは、OS(基本ソフト)や各種のソフトウエアで動いています。それらのソフトウエアには『脆弱性(ぜいじゃくせい)』と呼ばれる弱点が見つかることがあり、悪意のある人はその弱点を攻撃してきます。各ソフトウエアの会社では脆弱性をなくすように無償で改良プログラムを配信を行っています。確実にアップデートを行い、常にソフトウエアを最新の状態に保ってください。

 ウイルス対策ソフトの導入を確実に行う

  パソコンやスマートフォンを使う際には、コンピュータウイルスに感染しないよう必ずウイルス対策ソフトの導入を行ってください。また、期限が切れたウイルス対策ソフトでは最新のコンピュータウイルスに対応できませんので、確実に更新を行ってください。

 IDとパスワードの適切な管理を行う

  インターネット上で各種のサービスを利用する際は必ずIDとパスワードが必要です。他人に知られると悪用の恐れなどがありますので、ほかの人から知られないように適切な管理を行ってください。また、パスワードの設定では簡単に推測されるもの(例 誕生日など)や、同じパスワードの使いまわしは厳禁です。サービスごとに違うパスワードを設定するよう心がけましょう

インターネット利用のマナーを守ろう

インターネットを利用する場合には、一般社会と同様にルールやマナーを守らなければなりません。

インターネットの利用に当たっては、次の点に注意して、被害者や加害者にならない様にしましょう。

 ●他人の悪口などを書き込まない

 ●個人情報(住所、氏名、クレジットカード番号等)を不用意に入力しない

 ●送られてきたメール等は、内容をよく読み、身に覚えのない場合やおかしいなと思った場合には返信や電話連絡を

せず相談をする

 ●不審なメールは開かない

 ●自分のIDやパスワードの管理をしっかりと行う

参考サイト

インターネット上の情報セキュリティに関する情報収集は、下記のサイトを参考としてください。
前のページに戻る このページの先頭へ