トップページ > 大分県警察本部 > 緊急通行車両等の事前届出・確認制度

緊急通行車両等の事前届出・確認制度

印刷用ページを表示する 更新日:2017年2月14日更新

緊急通行車両等の事前届出・確認制度

1 緊急通行車両等の事前届出・確認制度とは

 大規模災害等発生時には、応急措置に必要な交通路を確保するため、一般車両の通行を禁止又は制限する緊急交通路が指定されることがあります。

 緊急交通路を通行できるのは、公安委員会が認めた緊急通行車両等であり、標章等の交付を受けた上で通行することができます。

 事前届出制度とは、災害発生前に緊急通行車両等であることの必要な審査を行う制度であり、審査を終えた車両については、事前届出済証が交付され、災害発生時に標章の交付を受ける際、一部の審査が免除されます。

 2 事前届出することができる車両

 (1) 緊急通行車両

   ・指定行政機関等が行う避難勧告 ・被災者の救難 ・救助施設の復旧 ・緊急輸送等に使用される車両

   ・武力攻撃事態等において、地方公共団体が国民の保護のための措置を的確に実施するための現地調整所を                   

   迅速に設置するための出動に使用する自動車

  ア 事前届出者

    緊急通行に係る業務の実施について責任を有する者(代行者も含む。)

  イ 事前届出先

    車両の使用の本拠地を管轄する警察署

  ウ 届出に必要な書類

   ○ 緊急通行車両等事前届出書 2通

     ※ 警察署窓口で入手できます。

   ○ 緊急通行車両として使用する業務内容を証明する書類 1通

     ※ 指定行政機関等であること又は指定行政機関等との関係が分かるもの

   ○ 車検証の写し 1通

 (2) 規制除外車両

    民間事業者等が行う社会経済活動のうち、災害後、特に優先すべきものに使用される車両

 【規制除外車両のうち事前届出の対象となる車両】

  ○ 医師、歯科医師、医療機関等が使用する車両

  ○ 医薬品、医療機器、医療用資材等を輸送する車両

  ○ 患者等搬送用車両(特別な構造又は装置があるものに限る)

  ○ 建設用重機、道路啓開作業用車両又は重機輸送用車両

  ○ 金融機関の現金を輸送する事業用(緑ナンバー)大型貨物自動車

  ア 事前届出者

    緊急通行に係る業務の実施について責任を有する者(代行者も含む。)

  イ 事前届出先

    車両の使用の本拠地を管轄する警察署

  ウ 届出に必要な書類

  ○ 規制除外車両事前届出書 2通

    ※ 警察署窓口で入手できます。

  ○ 車検証の写し 1通

  ○ 疎明資料

    ・ 医師、歯科医師、医療機関等が使用する車両

      医師若しくは歯科医師の免許状又は使用者が医療機関等であることを確認できる書類。

    ・ 医薬品、医療機器、医療用資材等を輸送する車両

      使用者が、医薬品、医療機器、医療用資材等の製造者又は販売者であることを確認できる書類。

    ・ 患者等搬送用車両(特別な構造又は装置があるものに限る)、現金を輸送する事業用大型貨物自動車

      車両の写真(ナンバープレート及び車両の形状が確認できるもの)

    ・ 建設用重機、道路啓開作業用車両又は重機輸送用車両

      このうち重機輸送用車両については、建設用重機と同一の使用者による届出に限って受理することとし、写真は重機を搭載した状況のもの。

3 事前届出済証の利用方法

  災害が発生し、緊急交通路が指定された場合、交付を受けた緊急通行車両等事前届出済証又は規制除外車両事前届出済証を最寄りの警察署等に持参し、内容の確認を受けた上で、標章等の交付を受けることとなります。

4 事前届出済証の管理

  事前届出済証については、紛失等のないよう申請者又は使用者において確実に管理してください。

 (1) 廃車の場合

   事前届出済証の交付を受けている車両が廃車となった場合は、当該車両の事前届出済証を返還していただく必要があります。

 (2) 車両の入れ替えの場合

   車両の入れ替えが行われた場合は、新規車両としての事前届出申請及び廃車等による事前届出済証の返還を行っていただく必要があります。

前のページに戻る このページの先頭へ