トップページ > 大分県警察本部 > ありがとうの声~県民の皆さんからのメッセージ~

ありがとうの声~県民の皆さんからのメッセージ~

印刷用ページを表示する 更新日:2019年7月24日更新

ピンキーパンキー
ありがとうの声

このページでは、県警察に寄せられた礼状等を要約して紹介しています。

New!

無施錠自転車への対応についてのお礼

~大分南警察署 駐在所~

 大分南警察署の駐在所員は、受持管内の駅駐輪場で自転車盗難被害が多発したことを受け、駐輪場管理人と共同で利用規約を作成しました。その後はほぼ毎日駐輪場の警戒を実施し、無施錠の自転車には結束バンドと連絡札を取り付けて施錠し、鍵は管理人に預ける、という規約に則った取り組みを継続しました。ある日、1台の無施錠の自転車に同様の対応をしたところ、翌日になってもその自転車が駐輪されたままだったので、自転車の所有者の自宅に赴き、家族に事情を伝えて鍵を渡したところ、お礼の手紙をいただきました。


【手紙(要旨)】

 警察官が突然家に来て、私の息子の自転車が無施錠で駐輪場に停まっていた、自転車の盗難が多くて心配しています、と教えてくれました。更にその後、わざわざ鍵を届けてくれました。私は感動しました。これこそ、地域を見守るおまわりさんの仕事だと感心致しました。こんな頼もしいおまわりさんがいてくれると、安心して生活することができます。心がスカッとする出来事があって、感謝いたします。


手紙を受け取った駐在所員は、

 日頃の取り組みが感謝され、恐縮です。

 これを励みに、自転車盗難抑止のために、これからも頑張ります。

と話していました。

レスキュー車

自転車部品の盗難被害者の方への対応に対するお礼

~別府警察署 地域課~

 別府警察署地域課の男性警察官は、勤務中に高齢男性から「自転車のサドルを盗まれた」との被害申告を受けました。盗難被害に関する対応を終えた後、困っている男性の様子を見た警察官は、男性と一緒に近隣の自転車店に赴き、盗まれたサドルと同じ規格のものを探しましたが、見つかりませんでした。その後、警察官は知人が自転車を廃棄予定だったことを思い出し、後日確認したところ、知人の物が男性のサドルと同じサイズだったことから、そのサドルを譲り受け、男性に届けました。

後日、別府警察署に別府市役所から以下のような連絡がありました。


【別府市役所からの電話内容】

 別府市内の男性から「別府警察署○○交番の○○さんに大変お世話になりました。○○交番にはこんなに親切な警察官がいるということを皆さんに知ってもらいたいと思い電話をしました。ぜひ市報に載せて、広く皆さんに知らせてください」という電話がありました。紙面の都合上、市報への掲載が難しかったので、お伝えします。


連絡を受けた男性警察官は

 このような電話をいただき、とてもありがたく思います。今後も市民の立場に立った親切、丁寧な対応を心がけたいと思います。

と話していました。

災害用車
前のページに戻る このページの先頭へ