トップページ > 大分県警察本部 > 東京2020オリンピックパラリンピック聖火リレーについて

東京2020オリンピックパラリンピック聖火リレーについて

印刷用ページを表示する 更新日:2021年3月23日更新

聖火リレーについて

聖火リレーは、3月25日に福島県をスタートし、121日間(移動日を含む。)をかけて全都道府県を通過します。
本県は、愛媛県から聖火を引き受け、4月23日に別府市を出発し、4月24日までの2日間をかけて大分県内全市町村を通過した後、宮崎県に引き継ぎます。

県内のリレースケジュール(※今後変更となる可能性があります)

県内スケジュール
※セレブレーションとは、各日最終聖火ランナーの到着時に聖火到着を祝うイベントです。

大分県警察からのお願い

お願い
大分県内で聖火リレーが行われる日は、コース周辺道路の混雑が予想されます。
特に4月23日は、別府市で国道10号の下り線(大分市方面)を一部通行規制することから、かなりの混雑が予想されます。大分市方面へ移動される方は、「規制時間を避ける」「高速道路を利用する」「公共交通機関を利用する」など、渋滞緩和のため、交通総量抑制にご協力をお願いします。

聖火リレーの詳細について

聖火リレーコースや交通規制・迂回路情報などの詳細については、大分県(東京2020オリンピック・パラリンピック聖火リレー大分県実行委員会)のホームページをご覧ください。
↓↓↓詳細はリンク先から確認してください↓↓↓
前のページに戻る このページの先頭へ