ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

29年度九重の風2

印刷用ページを表示する掲載日:2018年3月17日更新

 このコーナーは、九重青少年の家に係る主催事業を紹介するコーナーです。
ぜひ、ご覧ください。

過去の事業紹介

Part54 親子ネイチャートレッキングinここのえ

 今年度最後の事業である「親子ネイチャートレッキング」が、3月17日に実施されました。最初に、集合場所の九重“夢”大吊橋から長者原までバスで移動後、3グループに分かれて出発しました。この日は、雲一つない快晴で、暖かい陽気で、トレッキングには最高の日でした。途中の山々の景色も最高でした。お昼は、やまなみ牧場で、おいしいお弁当を食べ、動物ともふれあいました。最後は、ミルクランドファームでで、絶品のアイスクリームを頂きました。長丁場になりましたが、一人のリタイヤも出ず、みなさん最後まで頑張りました。
syasin1syasin2
長者原からの眺め九州オルレコース
syasin3syasin4
やまなみ牧場崩平山方面の眺め

Part53 百枝小学校での出前講座となごり雪

 3月10日現在、所内には雪が残っています。九重は、まだ春が遠いようです。
さて、先日、豊後大野市立百枝小学校で、ペンシルロケットを作って飛ばしました。全員、子どもたちは、ロケットを5メートル以上飛ばすことができ、記念品を無事にゲットすることができました。
yuki雪
食堂から泉水山の眺め宿泊棟から裏山の景色
ペンシルロケット飛ばしペンシルロケット飛ばし
ペンシルロケット飛ばし(百枝小学校低学年)ペンシルロケット飛ばし(百枝小学校高学年)

Part52 若宮小学校での最後の出前講座

  若宮小学校には、1年間クラブの時間に出前講座を行い、様々な工作活動をしました。この日の活動が最後で、記念品製作として、九重の自然素材を使った時計作りを行いました。思い思いの作品を作り、最後に記念写真を撮りました。

若宮若宮
記念品づくり完成作品

Part51 緑の環境学習指導者養成研修会&熱気球づくり

 学校や公民館等の社会教育施設において、森林環境教育の実践を図る指導者を育成することを目的に「緑の環境学習指導者養成研修会」が、2月24日(土曜日)~25日(日曜日)に実施されました。参加者の中には、遠くは広島県から参加した方もいました。
 この二日間で、自然体験活動の特質や技術、安全管理について研修を行いました。最後に、成果発表を寸劇で行い大変盛り上がりました。別府市北部公民館の出前講座において、親子で熱気球を作りました。熱気球は、体育館の天井まで届いて、大成功でした。
PART51PART51
研修風景寸劇の様子
PART51PART51
北部公民館熱気球

Part50 第3回ここのえ緑の探検隊

 今年度最後の、第3回ここのえ緑の探検隊を2月17日(土曜日)~18日(日曜日)に実施しました。
最初に、「仲間づくり」と「めあてづくり」を行った後、「雪原を探険しよう(自然観察・体験)」で、雪が残る所内を散策しました。野鳥の声を聞いたり、動物の足跡の発見、雪だるまやかまくらなどを作りました。
二日目は、雪合戦で盛り上がった後、火おこしにチャレンジしました。やっとの思い出つけた火で焼き芋を作りました。最後に、みんなで美味しく頂きました。
PART50PART50
雪の芸術先品雪の灯籠
PART50PART50
火おこし体験記念写真

Part49 2月も元気に出前講座

 九重青少年の家も記録的な寒さで、2月13日現在、積雪10センチです。そのような寒い中ですが、2月も公民館や学校に出向いて、体を動かすレクリエーションや工作づくりなどを行い、子どもたちは元気に活動しています。今回は、アストくにさきと別府市西部公民館でホバークラフト工作を行いました。

積雪西部
所内は積雪10センチ別府市西部公民館の工作風景
国東国東
アストくにさきの工作風景ホバークラフト発車

Part48 第3回ここのえ緑の楽校

 第3回ここのえ緑の楽校を2月4日(日曜日)に実施いたしました。この日は、吹雪の中、県下から22名の方が参加しました。午前中は、雪が降りしきる中(氷点下-8℃)、所内で動物の足跡探しを行いました。
 午後は、そり遊びをしてた後、たき火で冷えた体を温め、おやつづくり(マシュマロ焼)をして美味しく頂きました。この活動の様子は、2月24日(土曜日)のTos「ほっとはーとOita」(11時30分~11時45分)で放映されます。
PART48PART48
雪の上は気持ちいいうさぎといたちの足跡発見
PART48PART48
そりすべり(取材風景)たき火でおやつづくり

Part47 第3回みどりの子ども園

 第3回みどりの子ども園が、1月28日日曜日に行われました。粉雪が舞う中(所内積雪10センチ)、20名の参加がありました。午前は、所内で動物の足跡探索や雪だるまを作りました。また、軒下にできたつららをとって、剣にして遊びました。午後は、かまくらづくり、そり遊びをしました。最後に、暖炉を取って、マシュマロを焼き、クラッカーに挟んで、おいしくいただきました。
Part46Part46
雪でつくったうさぎ雪そりすべり
Part46Part46
かわいい雪だるまかまくらの完成

Part46 菅尾小学校でのロケット工作

 1月下旬、豊後大野市立菅尾小学校で、ロケット工作をしました。この日は、小学校1・2年生が多かったのですが、大人の手を借りず頑張って自分で作りました。完成後は、的当てゲームを行い、当たった児童にはプレゼントを渡しました。みんな、5mは飛んだようです。所内は、1月27日現在、雪に覆われています。所にお見えの際は、スタットレスタイヤなど十分に冬装備してお越しください。
Part46Part46
ストローロケットづくりストローロケット的当てゲーム
Part46Part46
所内は一面の銀世界所内のつらら

Part45 ホバークラフト&ストローロケット工作

 1月の中旬、豊後大野市立新田小学校と大分市やまばと幼稚園で、ストローロケット、ホバークラフト工作の出前講座を行いました。新田小学校では、ロケットが完成後、的当てゲームで楽しみました。やまばと幼稚園では、親子約200名が参加して、ホバークラフトの完成後、運動場で飛ばして遊びました。
PART45PART45
ストローロケットづくりストローロケット的当てゲーム
PART45PART45
ホバークラフトづくり校庭で親子で飛ばしている様子

Part44 ロケット工作教室

 1月上旬に、犬飼小学校と日出町八日市公民館で、ロケット工作を行いました。犬飼小学校では、ストローロケット&凧揚げ、八日市公民館では、エタノールを使ったロケット発射実験&バルーンロケットづくりを行いました。工作の完成後、子どもたちは、元気に遊んで飛ばしました。

PART44PART44
バルーンロケットづくりバルーンロケットを飛ばし
PART44PART44
ペンシルロケットづくり校庭で凧揚げ

Part43 主催事業「みんなおいでよ!白銀の世界へ」

 新年最初の事業は、「みんなおいでよ!白銀の世界」を1月5~6日の1泊2日の日程で実施しました。県内各地から40名の子どもたちが参加しました。
 初日は、大雪で所まで来るのが大変でしたが、その分、スキー場のコンディションは最高でした。基礎練習後、殆どの子どもたちがリフトに乗ることができました。二日目は、さらに上達して、上級コースを滑る子どもたちもいました。スキーを通じて、友だちもいっぱいでき、とてもよい思い出ができました。
PART43PART43
スキー教室開校式集合写真
PART43PART43
1班メンバー2班メンバー
PART43PART43
3班メンバー4班メンバー

Part42 日田市立いつま小学校で出前講座

 冬休みに入って最初の出前講座を、日田市立いつま小学校で実施しました。この日は、体育館で実験と工作を行いました。実験では、真空状態で風船やマシュマロがどう変化するかを調べました。子どもたちは、真空状態で風船やマシュマロが膨張する様子を見て、いかに大気圧がかかっているかを実感していました。工作は、ロケットのクラフトづくりです。実際に、吹き矢の仕組みで飛ばすことができます。最後に、みんなで飛距離を競い合いました。
PART42PART42
真空実験ペンシルロケット発射

Part41 臼杵市立臼杵南小学校で出前講座

 2学期終業式の日に、臼杵市立臼杵南小学校でクリスマス会が開催されました。最初に、クリスマスツリーづくりをみんなで行いました。子どもたちは、ボランティアの先生方にも手伝っていただき、いろんなアイディアを出して、かわいい工作をつくりました。その後は、みんなでドーナツを食べて、盛り上がりました。
Part41Part41
工作の様子全員完成

Part40 出前講座「クリスマスツリーづくり」

 12月の出前講座は、多くの公民館に出向いてクリスマスツリーづくりを行っております。日田市立若宮小学校、日田市日隈公民館、朝地公民館、犬飼児童館などで、たくさんの子どもたちが、かわいらしい作品を作りました。その一部をご紹介します。
Part40Part40
12月18日の九重青少年の家犬飼児童館
Part40Part40
よくできました!頑張りました!

Part39 「冬のくじゅうバードウオッチング」

 12月9日(土曜日)に、男池湧水群やかくし水までの観察路を散策しながらのバードウォッチングを実施しました。この日は、辺り一面に雪が降っていましたが、落葉で視界が開け、鳥たちが観察しやすくなるため、バードウォッチングがしやく、九重の山で懸命に越冬する冬鳥たちに会うことができました。寒さを我慢した分、色鮮やかな野鳥たちが迎えてくれました。

黒岳バードウオッチング
黒岳観察会
Part39Part39
名水の滝男池

Part38 しめ縄綯いと正月飾りづくり

 ふるさと自然学校で、12月上旬、「しめ縄綯いと正月飾りづくり」を開催いたしました。この日は、暖かい陽気で、雪をうっすらかぶった久住山は、素晴らしい眺めでした。
 最初に、しめ縄を何故作るのかについて勉強した後、早速、縄ない作業を行いました。みんな、その作業に悪戦苦闘、しかし、慣れてくると、子どもも大人以上に上手にしめ縄をつくることができました。その後、敷地内で松や松ぼっくり、どんぐりな様々な材料を拾いました。最後に、材料をホットボンドでのりづけして完成です。来年もよい年でありますように、
PRAT38PRAT38
しめ縄の意味を勉強材料選び
PRAT38PRAT38
縄をなう作業自然の素材あつめ
PRAT38PRAT38
素材づけ作業全員完

Part37 出前講座「クリスマスツリーづくり」

 12月からは、クリスマス工作を出前講座で行っています。この日は、はざま未来館で小学1年生から4年生までが参加しました。最初に、クリスマスツリーを牛乳パックで作った後、九重の自然素材(ドングリ、松ぼっくりなど)でクリスマス飾りを作りました。子どもらしいアイディアで、かわいく仕上げることができました。
Part37Part37
工作の様子集合写真
Part37Part37
かわいいのができましたこちらも素敵です

Part36 出前講座「ホバークラフトづくり」

 11月下旬に天瀬公民館で「ホバークラフトづくり」を行いました。この日は、小学2年生から5年生までの子どもたちが参加しました。子どもたちは、工作になれているのか上手に作り上げ、本体にかわいらしいイラストを描いて完成させました。最後に、体育館で、全員30メートル以上も飛ばすことができました。
Part36Part36
ホバークラフトづくりホバークラフトは30m以上の飛距離がでます

Part35 九重の初雪

  11月中旬、九重も本格的な寒さを迎え、久住山では初冠雪がありました。九重青少年の家にお越しの際は、冬用タイヤ装備の安全運転でお越しください。

Part35Part35
硫黄山の様子長者原の様子

Part34 主催事業「火おこし体験とおやつづくり」

 11月11日(土曜日)に、九重ふるさと自然学校で親子を対象に、「火おこし体験とおやつづくり」を開催しました。レクリエーションで、親しくなった後、親子で薪を集めて、おやつをつくるために火を起こしました。子どももさることながら、保護者も初めてたき火をする方も多かったのですが、みんなで協力しながら、かまどに火をつけることができました。
 おやつづくりは、フライパンにバターをひき、グラノーラ、蜂蜜、牛乳、マシュマロをまぜ、5分程度調理をしました。それを、冷蔵庫で30分冷やしました。まっている間は、紅葉を楽しんだり、野原で遊んだり、落ち葉プール(落ち葉をコンパネで囲った6畳空間のプール)ではしゃぎました。最後に、みんなでキャラメル風味のグラノーラをおいしくいただきました。
火おこし1火おこし2
レクリエーションかまどに火おこし
火おこし3火おこし4
グラノーラを混ぜますさつまいもの収穫体験
火おこし5火おこし6
おおきなさつまいもたき火であったか

Part33 11月の3連休は出前講座

 九重では、11月に入り朝晩の冷え込みも、めっきり厳しくなりました。
所内の紅葉も、今が一番の見ごろの時期です。ぜひ、お立ち寄りください。さて、この3連休では、県立図書館、別府大平山公民館、豊後大野市立図書館で、どんぐりアート、火おこし体験、Jaxa科学実験の出前講座を実施いたしました。
 どんぐりアートでは、親子で取れたてのどんぐりを使って、芸術的な作品を作りました。火おこし体験では、小学1年から3年生が参加し、1時間余りで火をおこすことができました。科学実験では、風船や、マシュマロが宇宙空間でどうなるかを調べる実験を行い、その後は、ロケットのクラフトを作って、飛ばして遊びました。

Part32Part32
所内から眺める紅葉と涌蓋山泉水山の眺め
Part33Part33
どんぐりアート滑り台(県立図書館)小さいお子さんでも作れます(県立図書館)
Part33Part33
可愛いらしいととろ(県立図書館)Jaxa科学実験(豊後大野市立図書館)

Part32 みんなおいでよ!くじゅう登山紅葉編

 くじゅうの雄大な自然の中での登山をとおして、親子で自然に親しむことにより、感動や成就感、達成感を味わうことを目的に、10月下旬に1泊2日の日程で実施しました。この日は、台風22号が近づいていたのですが、27名(11家族)の方に参加していただき、安全配慮の上、実施いたしました。
 初日は、山で空高く飛ばすために凧づくりを行いました。イラストを自分で考え、かわいらしい作品ができました。また、バルーンロケットづくりも行い、ロビーで親子で飛ばしました。
 二日目は、バス移動後、牧ノ戸峠から第1展望台を目指しました。途中の道は、風が強く見晴らしも悪かったのですが、まぢかで紅葉を楽しむことができました。その後、八丁原地熱発電所、小松地獄を見学して所内に戻りました。台風の中、参加していただいた皆さん、本当にお疲れさまでした。また、お会いできることを楽しみにしています。

Part31Part32
バルーンロケットづくり凧づくり
Part32Part32
牧ノ戸展望台牧ノ戸登山口
Part32Part32
八丁原地熱発電所見学小松地獄

Part31 香々地フェスタでの出前講座

 香々地フェスタが10月中旬に開催されました。九重からは、「バルーンロケット」工作を出店しました。
当日は、雨にも関わらず多くの方に参加いただき、大盛り上がりでした。
完成したロケットを親子で、空高く飛ばしました。中には、10メートル以上も真上に飛ばした方もいました。体育館いっぱいに広がって、20メートル以上飛ばすことを目標に親子で楽しみました。
最後は、閉会行事でくじ引きの抽選会(地域の方が準備した景品)をです。くじにあった参加者の方は、子どもも含めて大喜びです。参加していただいた皆さま、ありがとうございました。

Part31Part31
開会行事バルーンロケットでの親子工作の様子
Part31Part31
バルーンロケットが高く飛んでいます閉会行事でのくじ引きの様子

Part30 ここのえオープンデー

 くじゅう様々な活動を体験する機会を提供することにより、家族やグループの ふれあいを深めるとともに、保護者等に対して体験活動の重要性について理解を深めることを目的に、ここのえオープンデーを10月14日(土曜日)に開催いたしました。
  プログラムは、ネイチャーゲーム、火おこし体験、空力翼艇、プラネタリウム、乗馬体験、勾玉づくりなどを行いました。この日は、多くの方に来ていただき、延べ約200名の参加をいただきました。各ブースとも、おかげさまで盛況のうちに終了することができました。毎年、この時期に開催しておりますので、ぜひ、来年もお越しください。

Part30Part30
ネイチャーゲーム火おこし体験
Part30Part30
空力翼艇プラネタリウム
Part30Part30
乗馬体験勾玉づくり

Part29 第2回ここのえみどりの子ども園

 九重の雄大な自然を体感し、親子のコミュニケーションを深めまることを目的に第2回ここのえ緑のこども園を10月9日(月曜日)に開催いたしました。
 当日の参加者は6家族23名です。九重では、朝夕がすっかり冷え込んできました。この日は、秋らしい快晴に恵まれて、紅葉も一部見られ、九重の秋を感じることができました。所内で、家族ごとにドングリなどなど秋の自然素材を拾って、ホットボンドでアート作品を作りました。こどもの発想力は素晴らしく、芸術的な作品が完成しました。最後は、全員で焼き芋づくりを行い、おいしくいただきました。

Part29Part29
みんなで秋みつけドングリがいっぱい
Part29Part29
どんぐり工作みんなで焼き芋づくり

Part28 出前講座のご紹介(空き缶炊飯)

 9月下旬に豊後大野市緒方公民館において「空き缶炊飯」を実施しました。
子どもたちには、事前に空き缶(350ml)と米を準備してもらいました。最初に、空き缶のふたを栓抜きであけ、きれいに洗い流し、米0.5合、水90ccを入れ、アルミでふたをしました。次に、釜戸で火をおこし、空き缶を10分ほど燃やすと水蒸気が出てきて、さらに5分程度蒸らせばお米が炊き上がりました。最後に、おにぎりを作ってふりかけをまぶしたら完成です。この日は、最高においしいおにぎりができました。

Part28Part28
初めて栓抜き使用に悪戦苦闘お米と水を空き缶に入れます
Part28Part28
釜戸でご飯炊きおいしいおにぎりの完成

Part27 出前講座のご紹介(タグラグビー/凧作り)

 9月中旬に由布市立阿南小学校において、「タグラグビー」、別府市朝日大平山公民館で「凧作り」を行いました。タグラグビーでは、仲間づくりゲームを行った後に、ボール運びゲームを行いました。当日は、1から6年生まで30名が参加して上級生と下級生が協力して、盛り上がり親睦を深めました。
 凧作りでは、オリジナルの凧を作り、みんなで競争して飛ばしました。この日は、風が強く空高くまで舞い上がりました。みんなで楽しい思い出ができました。
Part27Part27
タグラグビー凧揚げ

Part26 出前講座のご紹介(スライムづくり/火おこし体験)

 緒方公民館で、「スライムづくり」と「火おこし体験&おやつづくり」を開催いたしました。スライムは、材料として洗濯のり、ホウ砂、絵の具を使いました。子どもたちは、ビーカーで洗濯のりとホウ砂の計量して、色鮮やかなスライムを完成させることができました。
 「火おこし体験」では、キットを使って火おこしに30分チャレンジしたのですが、あいにくの雨で種火ができませんでした。それでも、ほとんどの子どもたちが、煙が発生するところまで頑張りました。最後に、たき火でおやつづくりです。たき火でマシュマロを焼くと、とても香ばしい味がしました。

Part26Part26
スライムづくりに挑戦スライム完成
Part26Part26
火おこし体験焼マシュマロ

Part25 主催事業「秋のファミリーキャンプ&ミニ登山」

 九重の雄大な自然を体感し、親子のコミュニケーションを深めることを目的に秋のファミリーキャンプ&ミニ登山(32名9家族の参加)を9月9日(土曜日)~10日(日曜日)実施しました。最初の活動は、親子でテント張りです。初めてテントを張る家族が多かったですが、親子でアイディアを出しながら全員がテントを無事に立てることができました。その後は、野外炊飯、親子で協力して調理し、おいしいカレーが出来上がりました。
 翌朝は、朝食づくりでホットドックを作りました。作ったホットドックをアルミで包んで、それを牛乳パックの中に入れて外側を燃やしました。牛乳パックが全部焼けたら完成です。最後の活動は、みそこぶし山の登山、山頂でいただいたおにぎり弁当は最高においしかったです。参加された皆さん、ありがとうございました。

Part25Part25
高原にテント設営カレーづくり
Part25Part25
ホットドックを作りましたちょっと休憩
Part25Part25
みそこぶし山を目指します山頂でのお弁当

Part24 主催事業「空き缶ストーブと焼きとうもろこしづくり」

  九重の雄大な自然を体感し、親子のコミュニケーションを深めることを目的に九重ふるさと自然学校と合同で「空き缶ストーブと焼きとうきびづくり」を開催いたしました。
 最初に、親子で一緒に空き缶ストーブを作りました。アルミ製の空き缶は、ハサミやカッターで簡単に切断することができます。完成後にアルコールを入れて火が付いた時には感動しました。さっそく、その空き缶ストーブでお湯を沸かして飲んだ紅茶が最高においしかったです。
 収穫体験では、ジャガイモ堀を親子で楽しみました。その取れたてのジャガイモをダッチオーブンで調理して食べました。その味は、何もつけなくてもとてもおいしいものでした。また、収穫したトウモロコシを焼いて食べたりして、作って、収穫して、自然と遊んで食べて、とても楽しいひと時でした。

Part24Part24
空き缶ストーブづくり空き缶ストーブの炎
Part24Part24
ジャガイモ収穫体験焼きとうきびづくり

Part23 主催事業「第1回みどりの楽校」

 九重の雄大な自然を体感し、親子のコミュニケーションを深めることを目的に「ここのえ緑の学校」を8月27日(日)に6家族17名の参加で開催いたしました。
 最初の活動は、「竹で道具をつくろう(工作・自然体験)」で水鉄砲を作り、親子で水遊びを楽しみました。つぎの活動の「涼やかゼリーを作ろう」では、所内でとれた野草も混ぜてつくりました。親子でつくった味は格別でした。最後の「川で遊ぼう」では、所内の小川で「あぶらめ」や「かに」などを見つけ、普段見かけない生き物に触れることができ、感動しました。また、次回もご参加ください。

Part23Part23
水鉄砲づくりゼリーづくり
Part23Part23
川遊びいいもの見つけた

Part22 夏休み出前講座(工作教室)

 夏休みも終盤となりましたが、九重青少年の家では、公民館で夏休み工作教室を中津市、別府市、豊後大野市、日田市で実施いたしました。
 工作教室では、ペンシルロケット、空力翼艇、バルーンロケット、凧、ペットボトルロケットなどを作り、競技大会を行い盛り上がりました。作品を完成させた児童には、プレゼントを配りました。この夏、参加してくれた児童のみなさん、ありがとうございました。夏休みの宿題、頑張ってください。

Part22Part22
別府市での工作教室ペンシルロケット
Part22Part22
ペンシルロケットによる的当ゲーム空力翼艇の競技会

Part21 夏休みペットボトルロケット工作

 8月5日(土曜日)に、別府市朝日大平山公民館で「ペットボトルロケット工作教室」を実施いたしました。小学1年生から5年生が参加して、自作のペットボトルロケットを作りました。できががったロケットには、それぞれ好きなデコレーションをして、可愛いらしい作品ができました。完成後は、空へ向けて発射し、地上50m位まで飛びました。みんな、水でびしょびしょに濡れてしまいましたが、よく飛んで満足気でした。

Part21Part21
工作の様子完成したペットボトルロケット

関連リンク


九重青少年の家 facebook