ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教職員関係及び採用情報 > 教員免許 > 休眠状態の教員免許状を回復するための手続について

休眠状態の教員免許状を回復するための手続について

印刷用ページを表示する掲載日:2021年6月3日更新

○申請書類等の提出について

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当分の間、免許状の回復申請に係る書類の提出は原則郵送にてご提出ください。 やむを得ない場合については、事前に採用試験・免許班までご相談ください。ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご了承ください。


旧免許状をお持ちの方が、休眠状態に入っている免許状を回復するためには以下の手続が必要になります。

  • 免許状が休眠状態に入る方は、免許更新講習の受講義務がない状況で更新修了確認期限が過ぎた方です。
  • 免許状を回復するには免許更新講習30時間の受講が必要です。
  • 30時間の免許更新講習受講後、2年2か月以内に下記の回復申請手続をしてください。
    (2年2か月を過ぎると受講した講習の全部または一部が無効となりますので注意が必要です。)
  • 免許状更新講習修了確認申請等は、毎月25日を締切(25日が閉庁日の場合は、直前の開庁日) とし、申請を受け付けております。
  • 手続後の回復確認証明書の発送は、翌月中旬頃となります。不明な点は採用試験・免許班にご確認ください。

教育職員免許法及び教育公務員特例法の一部を改正する法律(平成19年法律第98号)附則第2条第3項第3号の確認申請書(免許状の回復申請)

1.必要書類

 
  書類名 備考
(1) 教育職員免許法及び教育公務員特例法の一部を改正する法律(平成19年法律第98号)
附則第2条第3項第3号の
確認申請(第7号様式) [Excelファイル/16KB](両面印刷してください)※R3.4改正
記入例[PDFファイル/163KB]を参考にしてください。
(2) 修了(履修)証明書(大学が発行したもの:原本)  
(3)

免許状を有すること及び免許状所持者の修了確認期限を証明する書類

※提出書類(3)の確認はこちら [PDFファイル/117KB]。)。

※現在の姓名及び本籍地(都道府県)名と提出書類の姓名及び本籍地(都道府県)名が異なる場合は、戸籍抄本(証明日より3か月以内のもの)が必要です。

2.手数料

申請には手数料3,300円が必要です。
お近くの県の機関(教育事務所、地方振興局等)で「大分県収入証紙」を3,300円分購入し、第7号様式の所定の位置に貼付してください。
※郵便局で売っている収入印紙ではありません。注意してください。

3.返信用封筒

手続が終了しましたら、「教育職員免許法及び教育公務員特例法の一部を改正する法律(平成19年法律第98号)
附則第2条第3項第3号の確認証明書」(回復確認証明書)を発行します。
84円切手を貼った返信用封筒(長形3号)に送付先のお名前、住所を記入の上、申請書と一緒に提出してください。

4.提出先

大分県教育庁教育人事課採用試験・免許班
〒870-8503大分市府内町3丁目10番1号

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)