ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育庁各課・室 > 文化課 > 熊本・大分地震から1年「100年先まで地域のシンボルを守り伝える」フォーラムの開催について

熊本・大分地震から1年「100年先まで地域のシンボルを守り伝える」フォーラムの開催について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月2日更新
  • 1.目的

平成28年4月16日に発生した熊本地震の本震から1年をむかえるにあたり、地域のシンボルである文化財の復旧に向けた取組を検証し、防災に向けた今後の取組について考えるため、文化財保護行政関係者をパネリストとして、参加者を交えて意見交換を行います。

2.主催

大分県教育庁文化課

3.日時

平成29年4月16日(日曜日) 午前10時~午後0時30分
受付 午前9時30分~

4.会場

大分県立図書館 2階視聴覚ホール

5.次第

午前9時30分~ 受付
午前10時~  開会行事
午前10時10分~ 報告「被災文化財の復旧状況」 山路 康弘(大分県教育庁文化課)
午前10時30分~ フォーラム「100年先まで地域のシンボルを守り伝える」
パネリスト

  ・城戸 誠(竹田市教育委員会)
  [史跡岡藩主中川家墓所・岡城:石垣の復旧と課題]
  ・高崎 章子(中津市教育委員会)
  名勝耶馬溪・有形馬溪橋:名勝地の価値及び石橋の復旧]
  ・高宮 なつ美(大分県立歴史博物館)
  [文化財レスキュー事業に参加して]
  ・櫻井 成昭(大分県立先哲史料館)
  [記録資料の保全と震災時での対応]
  ・今井 貴弘(大分県教育庁文化課)
  [文化財ドクター派遣事業と建造物の保全]

午後0時20分~ 閉会行事

6.参加者

文化財保護行政担当者・一般県民
 

湯の花小屋(別府市) 復旧の様子
湯の花小屋(別府市) 復旧の様子