ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育庁各課・所 > 文化課 > 県指定文化財の新規指定について

県指定文化財の新規指定について

印刷用ページを表示する掲載日:2012年3月5日更新

報道発表資料

平成24年3月5日
大分県教育庁文化課

 大分県文化財保護審議会(会長:豊田寛三)は、2月16日、大分県教育委員会に対し、新たに3件の文化財を大分県指定文化財に指定するよう答申しました。

 これを受けて、2月27日(月曜日)に開催された教育委員会において審議し、これら3件を大分県指定文化財に指定することとしましたのでお知らせします。

 大分県指定文化財は、県報の告示日からその効力を生ずることとされており、今後は、3月中の県報登載に向け、手続きを行います。 

1 指定文化財

・有形文化財 王ノ瀬石棺(おうのせせっかん、大分市)
・無形民俗文化財 大浦楽(だいうらがく、玖珠町)
・史跡 井上主水左衛門並古・並増墓所(いのうえもんどざえもんなみふる・なみますぼしょ、豊後大野市)

詳細については別紙のとおりです。

別紙[PDFファイル/259KB]
国・県指定文化財件数[PDFファイル/39KB]

<お問い合わせ先>

文化課文化財班:097-536-1111(代表)
小林(内線5495) 松本(内線5497)
大分市教育委員会文化財課:097-534-6111
玖珠町教育委員会社会教育課:0973-72-7151
豊後大野市教育委員会生涯学習課:0974-42-4141

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)