ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育庁各課・所 > 教育財務課 > 講師紹介(第8回教育情報化カンファレンスinおおいた)

講師紹介(第8回教育情報化カンファレンスinおおいた)

印刷用ページを表示する掲載日:2019年7月11日更新

講演

利根川 裕太(とねがわ ゆうた)

特定非営利活動法人みんなのコード 代表理事
<プロフィール>
利根川さんの写真二児の父 (6歳、4歳)
1985年 千葉県生まれ
2009年 ラクスル株式会社立ち上げから参画し、プログラミングを学び始める
2014年 Hour of Code のワークショップ開催
2015年 一般社団法人みんなのコード設立 (2017年より特定非営利活動法人化)
2016年 文部科学省「小学校段階における論理的思考力や創造性、問題解決能力等の育成とプログラミング教育に関する有識者会議」委員
2018年 内閣官房「教育再生実行会議技術革新ワーキンググループ」委員

中里 忍(なかさと しのぶ)

Institution for a Global Society(IGS)株式会社 事業統括取締役
<プロフィール>
中里さんの写真IGS にて、コンピテンシーや気質を可視化するサービス「GROW」の国内外 HR や教育機関への展開を統括。IGS参画前は、神戸シティセールスプロモーションや、300 以上の商品、サービスのマーケティングに携わる。2012 年PR アワードソーシャルコミュニケーション部門大賞受賞。後、株式会社オールアバウトで広報兼協会ビジネス担当執行役員を経て、現職。慶應義塾大学大学院 SDM 研究科在学中。

荻野 次信(おぎの つぐのぶ)

株式会社教育情報サービス 代表取締役
<プロフィール>
荻野さんの写真約20年の高校教員を経て2001年に起業し、問題集や参考書の執筆等を行う。2007年からは北海道の開発者と共にeラーニングシステムの構築を行い、2008年に主要システムを完成。国内の教育機関や企業に販売を行いつつ、システムの高度化を行っている。2014年からはJICA事業でバングラデシュのIT技術者向けのeラーニングを展開。また、2017年からはケニアで大学の一般教養のeラーニングを構築している。

実践発表

江藤 大介(えとう だいすけ)

大分県立大分豊府中学校 教諭

<プロフィール>
江藤さんの写真大分県立大分豊府中学校勤務1年目。ICTスマートデザイナー2期生として、タブレット等を活用した授業について考える機会をいただきました。授業だけでなく、多くの場面で生徒が「主体的」にICTの活用を行えるよう勉強中です。

佐藤 正男(さとう まさお)

大分県立情報科学高等学校 指導教諭

<プロフィール>
佐藤さんの写真情報科学高校勤務15年目。2015年にアメリカ・シアトルで開催されたマイクロソフト主催の世界大会「Microsoft Expert Educator Global Exchange」に参加した。ペーパーレス化が進んだ海外の学校に衝撃を受け、帰国後、⽇本でも同様の取組みを、めざしてクラウドを活かした授業に挑戦中である。

子どもの発表

日本文理大学附属高等学校 eスポーツクラブ

日本文理大学附属高等学校の写真日本文理大学附属高等学校は「生徒が主役の学校づくり」に取り組み、さまざまな活動に生徒が中心となって取り組んでいます。
eスポーツクラブは2018年11月に生徒の発案で愛好会として設立。
学校やオンラインで練習に取り組み、全国高校生eスポーツ選手権やSTAGE:0(全国高校対抗eスポーツ大会)に挑戦しています。今回は本校におけるeスポーツクラブの取り組みを紹介します。