ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 教育委員会 > 教育庁各課・所 > 社会教育課 > 体験型子ども科学館O-Labo「ハイスクールラボ」について

体験型子ども科学館O-Labo「ハイスクールラボ」について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年12月1日更新

高校生が先生役となって、小学生に科学の楽しさ、不思議さを教えます!

県教育委員会では、子どもの科学や技術への興味・関心、探究心を一層高めるために「体験型子ども科学館O-Labo」を開設し、気軽に科学や技術に触れられる機会を提供しています。

今年度も、高等学校を会場にした科学体験講座「ハイスクールラボ」を実施しました。「ハイスクールラボ」では、高校生が先生となって、実験・観察の指導をはじめ、科学の不思議さやおもしろさを教えてくれます。参加した子どもたちは、初めて入った高校の理科室での実験や観察に目を輝かせながら取り組んでいました。先生役の高校生の分かりやすく、丁寧な指導もあって、大変充実した講座となりました。

実施高校と講座テーマを紹介します。

 8月  2日(日) 玖珠美山高等学校  「偏光万華鏡を作ろう」

 8月  8日(土) 臼杵高等学校    「ジャイロ効果を体験しよう」

 8月  8日(土) 別府鶴見丘高等学校 「光で遊ぼう」、「バランスを考えよう」

 8月11日(火) 宇佐高等学校    「カラフルなイクラを作ろう」

 8月12日(水) 三重総合高等学校  「気体を発生させてシャボン玉や象の歯磨き粉を作ろう」

 8月23日(日) 日田林工高等学校  「竹で遊ぼう」~bamboo play~

 9月26日(土) 中津東高等学校   「プロコントレーサーを使ってプログラミングしてみよう」

 

体験型子ども科学館O-Laboでは、今後も高等学校と連携した科学体験講座を開催し、子どもたちが科学や技術に触れる機会を提供していきます。

 

ハイスクールラボの様子

日田1 日田2 

木や竹を材料にしての工作(日田林工高校)   高校生が優しくサポート(日田林工高校)

東 みやま

 プログラミングの様子(中津東高校)    高校生と一緒に工作にチャレンジ(玖珠美山高校)

宇佐 臼杵

薬品の測り方を教える高校生(宇佐高校)   器具の扱い方を教える高校生(臼杵高校)