ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 都市計画区域マスタープラン > 玖珠町の立地適正化に関する情報

本文

玖珠町の立地適正化に関する情報

印刷ページの表示 ページ番号:0002113779 更新日:2020年10月6日更新

玖珠町の立地適正化に関する情報

 玖珠町では、近年人口減少が進んでおり、平成27年(2015年)国勢調査による人口は15,823人となっています。今後、更なる人口減少や少子高齢化が見込まれる中、都市サービスを維持できるよう効率的な都市運営を可能にする集約型の都市構造を目指すこととして、令和元年度より立地適正化計画の策定に取り組んでいます。

 立地適正化計画の策定は、住民に対し目指すべき都市の将来像を示す方針の計画策定であることから、社会情勢及び住民ニーズ等を適確に反映することが重要です。そのため、玖珠町では都市・まちづくりに関わる住民及び有識者等に計画策定の進みぐあいを報告し、計画内容の改善方策等の意見及び地域住民の想いを計画に反映するための意見交換会等の場として玖珠町都市・まちづくり計画策定協議会(以下協議会)を設置しています。

 協議会は、都市計画に関する学識経験者に加え、玖珠町のまちづくり・福祉・商工業・観光・環境・農業・農業・交通などの各分野に高い識見を有する方を委員として、これまでに3回実施されており、大分県はオブザーバーとして協議会に参加しています。

 令和2年9月9日に第4回の協議会が開催され、地域毎の課題を踏まえたこれからの地域づくりへの意見や地域の特性を踏まえた誘導区域・誘導施についての意見、旧中学校跡地の活用方法等について活発に議論がなされました。

 今後は、協議会の意見を踏まえて計画の策定を進め、第5回協議会を11月を目途に開催する予定です。

協議会開催状況