ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

立地適正化計画

印刷用ページを表示する掲載日:2019年9月18日更新

立地適正化計画について

 多くの地方都市では、これまで郊外開発の進行により市街地が拡散してきましたが、今後、急速な人口減少が見込まれる中、拡散した市街地の低密度化により、一定の人口密度に支えられてきた医療・福祉・商業等の生活サービスの提供が困難になる恐れがあります。

 このような人口減少下においても、将来にわたり持続可能な都市経営を行っていくため、「コンパクト・プラス・ネットワーク」の考えのもと、生活利便施設や住居等がまとまって立地し、高齢者をはじめとする住民が公共交通によりこれらの生活利便施設等にアクセスできるなど、福祉や交通等を含めて都市全体の構造を見直していくことが重要です。

 具体的な施策を推進するため、都市再生特別措置法の改正により平成26年8月に「立地適正化計画」が制度化されました。これは、都市計画法を中心とした従来の土地利用の計画に加えて、居住機能や都市機能の誘導により持続可能な都市経営に向けた取組を推進しようとしているものです。

 【参考】立地適正化計画制度(国土交通省のホームページへリンク)

大分県内の取組状況

 大分市(公表中)           大分市の立地適正化に関する情報 2019年3月30日更新(大分市HP)

                      大分市立地適正化計画に基づく届出制度について(大分市HP)


 別府市(計画策定中)       別府市の立地適正化に関する情報(今後更新予定)


 杵築市(計画策定中)       杵築市の立地適正化に関する情報(今後更新予定)


 豊後高田市(計画策定中)    豊後高田市の立地適正化に関する情報 (今後更新予定)


 玖珠町(計画策定中)       玖珠町の立地適正化に関する情報 (今後更新予定)


立地適正化計画に関する情報提供 

 ■立地適正化計画作成の手引き

 ■全国の策定状況

 ■全国のモデル都市、先進的な取組事例

 ■研修会や講習会の案内

その他関連情報

 ■都市のスポンジ化

 ■都市計画運用指針

参考情報(県内の立適計画策定中の市町)

 ■大分市の都市計画マスタープラン(平成28年7月一部改訂)

 ■別府市の都市計画マスタープラン(平成23年4月)

 ■杵築市の都市計画マスタープラン(平成23年3月)

 ■豊後高田市の都市計画マスタープラン(平成28年3月)


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください