ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 建設業指導班のページ > 令和4年度公共工事等の競争入札参加資格申請(建設コンサルタント等 定期):令和4年1月31日締め切り

本文

令和4年度公共工事等の競争入札参加資格申請(建設コンサルタント等 定期):令和4年1月31日締め切り

印刷ページの表示 ページ番号:0002161684 更新日:2021年11月11日更新

令和4年度の建設コンサルタント等の入札参加資格審査申請について【定期】

令和4年度の建設コンサルタント等の入札参加資格審査申請についてご案内します。

申請要領等をよく読んで申請をしてください。

なお、提出期限を過ぎたものの受付は一切行いません。

 

【注意事項】

 ・必ずこのHPに掲載している新しい様式を使用してください。

  ※様式における行の着色箇所はチェックの際の確実性を向上させるためのものであるため、消さないこと。

 ・建設コンサルタント等の申請は「郵送のみ」の受付となります。

 ・令和4年度の申請分から押印が不要となりました。(委任状を除く)

  なお、申請内容に虚偽等があった場合には、入札参加資格を取り消す等、厳正に対処しますので、内容を確認して提出してください。

 

【他の機関の入札参加資格申請について】

 市町村など、他の自治体への申請については、各市町村等それぞれの機関へ直接お問い合わせください。

 

申請時期 【定期】

令和4年度の申請受付期間は、令和3年12月1日から令和4年1月31日までの間です。(郵送申請に限る。当日消印有効)

※受付済みの返信はがき等を1月中に受けるよう希望する場合には、遅くとも令和4年1月14日(金曜日)までには到着するよう申請をしてください。

ただし、書類の不足や不備があればこの限りではありません。

申請様式等

申請書作成における留意事項

※申請書類作成上特に確認をお願いしたい点を掲載します。

1.納税証明書(国税)について

  国税の納税証明書は原本かつ証明日が12月1日以降のものの提出が必要です

  税務署からの要請により、電子納税証明書(PDF)を印刷したものでも可とすることといたしました。【令和3年12月17日追記】

  ただし、印刷が不鮮明なもの、真正性が確認出来ないもの等については、原本の再提出をお願いする場合があります。→電子納税証明書についてはこちら

  証明日についての取扱いは、変更ありません。

2.納税証明書(県税)について

 大分県内に支店等がある場合の県税の納税証明書は、原本かつ12月1日以降が証明日のものの提出が必要です手続きの説明はこちらから

3.申請書類(申請書、委任状など)の日付について

・空欄で提出せずに、令和3年12月1日以降の日を記載してください。

4.委任状の内容について

・掲載している委任状は参考様式です。『掲載内容を網羅している様式』であれば他の様式でも受付可能です。

 委任事項については、参考項目ですので、自社の内容に合うように必要に応じて変更してください。

・委任の期間の記載は必須です。委任期間の記載のないものは、再度提出をお願いすることになります。

 委任期間は、「令和4年4月1日から令和5年3月31日まで」としてください。

5.返信用はがき等受付確認について

・返信用はがきの返送は、書類の形式審査が終わってから行います。

 書類の到着順に確認を行いますので、返信用はがきの返送までは時間を要しますので、予めご了承ください。

6.誓約書について

・誓約書の「所在地」を必ず記載してください。空欄ですと再度提出して頂くことになります。

・ふりがなについても必ず記載してください。

7.測量等実績高(様式3)について

・直前2年間の実績金額を千円単位で、税抜きで記載し、直前2年間の平均金額も記載してください。

・申請業種のうちどの区分を希望するのか、希望欄にしっかりと○を付けてください。

8.その他

・「令和3・4年度」の入札参加資格の認定を受けている場合は、追加すべき申請区分がある等の

  場合に限り申請を受け付けるため、十分に確認して申請してください

電子入札

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


解体工事業登録に関すること
建設機械の打刻・検認に関すること
建設業者に対する融資制度等に関すること
建設工事従事者の安全及び健康の確保に関する大分県計画に関すること
個人情報の取扱いについて
建設工事紛争審査会に関すること
特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保に関すること