ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 大分土木事務所 > 令和2年7月豪雨からの復旧・復興について

本文

令和2年7月豪雨からの復旧・復興について

印刷ページの表示 ページ番号:0002116223 更新日:2021年8月16日更新

 令和2年梅雨前線豪雨により由布市は甚大な被害を受けました。花合野川付近の湯布院雨量観測所では、総雨量439ミリ、日最大雨量283ミリ、時間最大雨量54ミリを観測しました。特に被害の大きかった大分川水系の花合野川においては、洪水による溢水や河床低下に伴い、県道湯平温泉線との兼用護岸が崩壊するなどし、県道は全面通行止めとなりました。大分土木事務所では、被災した公共土木施設について復旧作業を進めています。 

 

被災の状況

 ・花合野川 [PDFファイル/5.17MB]

 ・湯平温泉線 [PDFファイル/3.71MB]

 ・田野庄内線 [PDFファイル/3.01MB]

 

災害復旧の概要と進捗状況

 ・花合野川 [PDFファイル/7.16MB]

 ・湯平温泉線  [PDFファイル/9.47MB]

 ・田野庄内線 [PDFファイル/2.89MB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)