ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 歴史博物館 > 共通メニュー > 学校の先生方へ > 塗り絵 de(で) おおいたの美術と歴史

塗り絵 de(で) おおいたの美術と歴史

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月1日更新

塗り絵 de(で) おおいたの美術と歴史

歴史博物館の人気コーナー「塗り絵コーナー」が体験できます。
塗り絵をとおして、おおいたの美術や歴史にふれてみよう。
(添付ファイルをA4サイズの紙に印刷してお使いください。)

賀来飛霞(かくひか)の写生図

賀来飛霞は、現在の宇佐市安心院町で、江戸時代~明治時代に活躍した本草学(植物学や動物学、医学、薬学などを総合したような学問)の学者として有名です。
彼の写生図からは、するどい観察眼をとおした生き物や植物のいきいきとした姿が伝わってきます。
賀来飛霞画「アジサイ写生図」
賀来飛霞画「アジサイ写生図」 塗り絵
賀来飛霞画「ハイイロチュウヒ写生図」
賀来飛霞画「ハイイロチュウヒ写生図」 塗り絵

富貴寺大堂(ふきじおおどう)の仏と宝相華文(ほうそうげもん)

富貴寺大堂は、豊後高田市にある九州最古の木造建築物として国宝に指定されています。
大堂の中にある4本の柱には、諸尊(仏像)や宝相華文という想像上の花の文様が描かれています。
平安時代の人々は、大堂の中で死後の極楽浄土の世界を体感したと考えられます。
富貴寺大堂四天柱東北柱密教諸尊図(部分) 塗り絵見本
富貴寺大堂四天柱東北柱密教諸尊図(部分) 塗り絵
富貴寺大堂四天柱東北柱宝相華文 塗り絵見本
富貴寺大堂四天柱東北柱宝相華文 塗り絵見本