ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 歴史博物館 > 展示案内 > 企画展・特別展 > 令和3年度 企画展「疫病退散!-祭礼・祈祷から科学へ-」の開催について

令和3年度 企画展「疫病退散!-祭礼・祈祷から科学へ-」の開催について

印刷用ページを表示する掲載日:2022年2月14日更新

「疫病退散!-祭礼・祈祷から科学へ-」 開催概要

疫病退散チラシ
 令和2年の年初より、日本は新型コロナウイルス感染の災禍に見まわれました。しかし過去をふり返ってみれば、このような疫病の災禍ははじめてではありません。そういったとき、過去に生きた人びとは疫病とどう向き合い、その災禍をどうくぐり抜けてきたのでしょうか。
 本展では、とりわけ大分における疫病への対処、いわば疫病との闘いに注目し、その歴史をひもといていきます。さきには祭礼や祈祷により鎮撫するといった闘いがおこり、のちには科学により治療するといった闘いがあらわれた過程を、事例を示しながら紹介します。

主な展示品

・鬼大師像/国東市・文殊仙寺所蔵 
・遊行上人絵伝(国指定重要文化財)/別府市・永福寺所蔵 ※展示期間:3月4日~4月3日
・洛中洛外図屏風/大分市美術館所蔵 ※展示期間:4月5日~5月8日
・黒川周怡 人体解剖図譜/竹田市教育委員会所蔵
・仮名垣魯文 安政箇労痢流行記/九州大学附属図書館医学図書館所蔵

会期

令和4年3月4日(金曜日)~令和4年5月8日(日曜日)
[開館時間]午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
[休 館 日] 月曜日(3月21日は開館、3月22日は休館)

会場

大分県立歴史博物館 企画展示室

主催

大分県立歴史博物館

後援

大分合同新聞社

ギャラリートーク

[日時]令和4年3月19日(土曜日)・4月21日(木曜日) いずれも午後2時~午後3時
[会場]大分県立歴史博物館 企画展示室
[備考]要観覧券

観覧料

一般:310円(210円) 高・大学生:160円(100円) 中学生以下:無料
※(  )内は20名以上の団体様のお一人様の料金
※土曜日の高校生の観覧は無料
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかをお持ちの方とその付添いの方1名は無料

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)