ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 歴史博物館 > 調査研究 > 保存修復事業 > 令和3年度国指定重要文化財大分県免ヶ平古墳出土品の保存修理について

令和3年度国指定重要文化財大分県免ヶ平古墳出土品の保存修理について

印刷用ページを表示する掲載日:2022年3月29日更新
大分県立歴史博物館が所蔵する国指定重要文化財大分県免ヶ平古墳出土品の保存修理を行いましたので、内容をお知らせします。

概要

保存修理事業は平成27年度からはじめ、今年度で7年目となります。
令和3年度は、竪穴式石室から出土した刀子17点の再処理と、勾玉10点・管玉5点・管玉(連)を収納する保存箱(台座付)1点の作成を行いました。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)