ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 歴史博物館 > 講座・催し物 > いろいろな催し物 > 令和4年度 れきはく“お取り寄せ“展 歴史博物館×津久見市民図書館 -「津久見」地名考-

令和4年度 れきはく“お取り寄せ“展 歴史博物館×津久見市民図書館 -「津久見」地名考-

印刷用ページを表示する掲載日:2022年9月7日更新

概要

 津久見市民図書館を会場に、「れきはく“お取り寄せ”展」を開催しています。本展は「『津久見』地名考」とのタイトルのもと、現在は市名ともなっている「津久見」という地名の歴史についてうかがうものです。「津久見」は、建長2年(1250)の古文書に「津久見浦」とあるのが初見とされます。近世を迎えると「津久見村」と見えはじめ、やがて「津久見浦」とともに行政区分の呼称として定着します。こういった地名の変遷の様子を、古文書や絵図などの関係資料によって紹介します。
展示風景の写真

展示品

臼杵庄地頭代官僧西印等寄進状(解脱寺文書)[写真パネル]
毛利高政安堵状(軸丸家文書)[写真パネル]
元禄豊後国絵図[複製]/当館蔵
武揚堂刊『東京国立博物館所蔵伊能中図原寸複製 伊能図』]/当館蔵

会期

令和4年9月6日(火曜日)~10月23日(日曜日)
[公開時間]火曜日~土曜日 午前10時~午後7時
      日曜日・祝日 午前10時~午後6時
[非公開日]月曜日(祝日と重なる場合はその翌日)

会場

津久見市民図書館(津久見市大友町5番15号)

主催

大分県立歴史博物館

共催

津久見市教育委員会

観覧料

無料