ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 歴史博物館 > 展示案内 > 企画展・特別展 > 令和5年度 企画展「ものがたる絵画」の開催について

令和5年度 企画展「ものがたる絵画」の開催について

印刷用ページを表示する掲載日:2023年12月11日更新

開催概要

 本展では、歴史を「ものがたる」ための「史料」となりうる絵画を紹介します。掛軸や巻子、屏風など芸術作品とよぶべきものはもちろん、絵図や絵日記などそうとはいいがたいものにも目を向け、多様に取りそろえております。そしてとくに「人物」「風景」「旅路」「生業」「祭礼」といった観点により、絵画がものがたる歴史をうかがいます。

展示構成

1章 人物をものがたる
2章 風景をものがたる
3章 旅路をものがたる
4章 生業をものがたる
5章 祭礼をものがたる

主な展示資料

・柿本人麿図〔円寿寺所蔵〕※大分県指定有形文化財、3月3日まで展示
・放牛光林像[龍祥寺所蔵]※国指定重要文化財、2月10日から展示
・正保豊前国絵図写〔大分県立歴史博物館所蔵)
・府内城下絵図〔大分大学学術情報拠点(図書館)所蔵〕
・万治歳中御絵図(臼杵城下絵図)〔臼杵市教育委員会所蔵〕※大分県有形文化財、2月3日から展示
・航路図屏風(左隻)〔津久見市所蔵〕
・瀬戸内海図屏風[個人所蔵]
・嘉永井路絵図[大分市下宗方区所蔵]
・真景百図 姫島塩田之図〔杵築市教育委員会所蔵〕※杵築市指定有形文化財
・府内藩校遊焉館絵図〔弥栄神社所蔵〕※大分市指定有形文化財
・若宮八幡神社祭礼絵図〔若宮八幡神社所蔵〕※豊後高田市指定有形文化財
・八幡宮年中行司[真玉八幡神社所蔵]

会期

令和6年1月19日(金曜日)~3月17日(日曜日)
[開館時間]午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
[休 館 日] 毎週月曜日(2月12日は開館、2月13日は休館)

会場

大分県立歴史博物館 企画展示室

主催

大分県立歴史博物館

観覧料

一般:310円(210円) 高・大学生:160円(100円) 中学生以下:無料
※(  )内は20名以上の団体様のお一人様の料金
※土曜日の高校生の観覧は無料
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかをお持ちの方とその付添いの方1名は無料

イベント情報

○ 解説講座
  ・講師:当館職員
  ・日時:令和6年2月11日(日曜日) 13時~15時

○ ギャラリートーク(展示解説)
  ・日時:令和6年2月7日(水曜日)・3月2日(土曜日) 14~15時
企画展示ご案内 表
企画展示ご案内 裏