ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > おおいた商工労働ポータル > 「次世代モビリティサービスシンポジウム」開催のお知らせ

本文

「次世代モビリティサービスシンポジウム」開催のお知らせ

印刷ページの表示 ページ番号:0002123591 更新日:2020年12月24日更新

「次世代モビリティサービスシンポジウム」を開催します

 大分県では、令和元年度に「次世代モビリティサービスの在り方に関する検討会」を立ち上げ、交通事業者等と共に、先端技術の活用による移動の効率化や利便性の向上に向けた検討を進めています。

 現在、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスの影響により、移動そのものが見直されています。こうした移動の変革期にある中で、この度、大分県が目指すべき移動の在り方を関係者と共に考える、次世代モビリティサービスシンポジウムを開催します。

 次世代モビリティサービスの未来や、新型コロナウイルスによる環境の変化に伴うモビリティの果たすべき役割、先進事例のご紹介等、県内外のキープレイヤーにご講演いただきます。業種を問わず、交通事業者や企業関係者、県民の皆さまのご来場をお待ちしています(オンラインによる配信も行います)。

開催概要

 日  時:令和3年1月29日(金曜日)13時00分 ~ 16時40分(開場 12時30分)
 場  所:レンブラントホテル大分 2F 二豊の間(大分市田室町9-20)
 定  員:100名
 参加費:無料
 主  催:大分県

プログラム

◇大分県あいさつ

◇講演
[招待講演]
 スマートモビリティチャレンジの取組について
  経済産業省 製造産業局 自動車課 ITS・自動走行推進室 植木 健司 氏

[基調講演-1]
 Beyondコロナ時代の交通まちづくり
  財団法人計量研究所 理事兼企画戦略部長 牧村 和彦 氏

[基調講演-2]
 ポストコロナ時代の移動と地方創生
  ローランド・ベルガー プリンシパル 山本 和一 氏

[展示次世代モビリティ紹介]
 音声認識して自動運転する車いす(仮)
  久留米工業大学 インテリジェントモビリティ研究所教授 東 大輔 氏

 配送ロボット「RICE」が届ける未来
  アスラテック 事業開発部 チーフマネージャー 小野 哲晴 氏

[先進事例紹介]
 過疎地域における定額乗り放題オンデマンドタクシーの導入効果と今後の展開
  バイタルリード 代表取締役社長 森山 昌幸 氏

[大分県取組紹介]
 大分県のタクシー事業者における取組
  大分県タクシー協会会長 漢 二美 氏

 大分県における次世代モビリティサービスの取組
  大分県先端技術挑戦室 佐藤 元彦

◆次世代モビリティの体験コーナー
 モビリティサービスの先端技術に触れていただけるよう、自動運転車いすや、屋内走行の宅配ロボットを展示します。
 (協力:久留米工業大学、アスラテック)

参加申込について

 お申込は、下記の参加申込サイトまたはメールにて行うことができます。氏名、会社名(個人の場合は不要)、所属及び役職、メールアドレスを記載のうえ、お申し込みください。なお、コロナ禍においての混雑を避けるため、会場でのご参加については、定員(100名)を設けています。店員を超えた場合は抽選となりますので予めご了承ください。

 申込サイト https://www.egov-oita.pref.oita.jp/JfGGhytt 

 

本シンポジウムの内容はYoutubeにてライブ配信を行います。ライブ配信の視聴をご希望の方は、事前申し込みの上、下記URL からライブ配信をご視聴ください。
https://youtu.be/v2lmm3-X7nI 

P!

P2

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


おんせん県オンラインショップ

カテテ

働きたい女性応援サイト
インターンシップなび 
※下記のメニューから探したい項目をクリックしてください。(☆は別サイトへのリンクです)