ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > おおいた商工労働ポータル > OITA TECH WAVE ウィズ/アフターコロナ時代のテクノロジーによる課題解決促進事業委託業務企画提案競技のお知らせ
おんせん県オンラインショップ

カテテ

働きたい女性応援サイト
インターンシップなび 
消費税
※下記のメニューから探したい項目をクリックしてください。(☆は別サイトへのリンクです)

OITA TECH WAVE ウィズ/アフターコロナ時代のテクノロジーによる課題解決促進事業委託業務企画提案競技のお知らせ

印刷用ページを表示する掲載日:2020年6月4日更新
本事業の募集は終了しました。
オオイタテックウェーブ ロゴ

OITA TECH WAVE ~シビックテックの推進~

新型コロナウイルス感染症の世界的な流行に伴い、人類はこれまでに経験したことのない局面に否応なく立ち向かうこととなりました。本県のような地方においても例外ではなく、県民生活や事業者等の現場では様々な課題や環境の変化が発生した(あるいは、今なお発生し続けている)ところです。

他方で、ITの進展やSNSの普及等を背景に、様々なプロジェクトが各地域において自発的に創出されています。

例えば、売上が激減し大打撃を受けた飲食業界を救うべく、飲食店のテイクアウトやデリバリー情報をインターネット上で発信するサイトや、県のオープンデータを活用し、県内の感染者数や検査状況等をグラフを用いて視覚的にわかりやすくするサイト等が立ち上がっています。

これらは、住民自身が主体となり、テクノロジーを活用して地域の課題解決を図る「シビックテック」の動きであり、コロナ禍において加速してきている状況にあるといえます。

大分県は、県民、県内企業が主体となった課題解決の取組を推進するべく、「OITA TECH WAVE」を展開します。

OITA TECH WAVE第一弾!ウィズ/アフターコロナ時代のテクノロジーによる課題解決事業を募集します!

ウィズ/アフターコロナ時代のテクノロジーによる課題解決促進事業委託業務 企画提案競技の公募について

本事業では、ウィズコロナ、アフターコロナとも言われる新しい時代の様々な課題に対して、県内事業者、技術者によるスピード感と独創的なアイデアをもって、大分県における様々な課題解決を図るべく、IT、IoT等のテクノロジーを活用して課題解決を促進する事業を実施します。

本事業の委託先選定については、企画提案競技を行うこととします。応募の方法等は、公募要領及び以下をご確認ください。

(PDFファイル:ウィズ/アフターコロナ時代のテクノロジーによる課題解決促進事業委託業務企画提案競技公募要領 [PDFファイル/167KB]

(PDFファイル:ウィズ/アフターコロナ時代のテクノロジーによる課題解決促進事業委託業務仕様書(案) [PDFファイル/110KB]

1.提案募集する業務

 ウィズ/アフターコロナ時代のテクノロジーによる課題解決促進事業委託業務

2.募集する事業内容

(1)課題解決に向けたソリューション開発、リリース

・提案者において、大分県における新しい時代の課題を設定し、課題解決に向けたソリューションを開発し、年度内にリリースすること。

・課題解決にあたっては、提案内容を踏まえ、県関係部署や関係の事業者、団体等と議論、連携しながら進めていくものとする。

(条件)

 ・IT、IoT等のテクノロジーを活用したソリューションであること。

 ・ソリューションは提案者において開発、リリースし、次年度以降も展開していくものであること。(県に納品し、県が展開するわけではないことに注意すること。また、課題を解決するものであれば必ずしも開発が必要なわけではなく、既存の技術の組み合わせでもよいこと。)

 ・年度内にリリースするものであること。(ただし、年内または遅くとも令和3年1月からリリースできることが望ましい。)

 ・次年度以降も、当面の期間(1年間程度)は、県民や県内事業者が無料あるいは廉価で使える等、県内の課題解決及び普及拡大に向けた措置をとること。

(2)報告書、計画書の作成

 ・委託期間内に上記(1)の実績をまとめた報告書及び次年度以降の展開を記載した計画書を作成、提出すること。

(課題テーマ、課題の例示)

・募集する課題の分野については、以下の1~3の3つとし、以下に例示する課題以外での提案も可とする。

1 Next Life 新しい生活

(課題の例)

・子ども・子育て関連施設(保育園、放課後児童クラブ等)での3密対策や、喚気および熱中症対策

・保護者・保育者等のマスク着用が乳幼児の情緒発達に与える影響(声が届きにくい、感情が伝わりにくい。)

2 Next Business 新しい事業活動、事業所

(課題の例)

・徐々に経済活動を再活性化させていく中で、様々な施設や場所での感染症拡大防止対策を助ける廉価で簡単な手段、方法

3 Next Community 地域のつながり

(課題の例)

・地区の寄り合いや外出の機会が減っている中での小規模集落等における高齢者の見守りや交流促進

3.契約期間等

(1)契約期間

 契約締結の日から令和3年3月31日までとする。

(2)委託料

 1件あたり2,500,000円(消費税額及び地方消費税額を含む)を上限とします。

(3)提案募集数(想定)

 5件程度

4.参加資格

 公募要領2~3ページの「7.提案参加資格」のとおり

5.提案審査への応募

(1)提出書類

 公募要領3ページ「2.提出書類」に定められた関係書類、媒体を提出してください。様式は以下からダウンロードしてください。(ア)~(オ)は提出必須です。

(ア)企画提案競技参加申込書(様式1) [Wordファイル/28KB]

(イ)企画提案書(様式2) [Wordファイル/32KB]

(ウ)事業費積算書(様式3) [Excelファイル/10KB]

(エ)誓約書(様式4) [Wordファイル/28KB]

(オ)プレゼン動画(MP4形式)を格納したメディア(CD-R、DVD-RまたはUSBメモリ) 1枚(1個)

  ※プレゼン時間は10分以内とすること。 ※上記メディアに提案者名を記載すること。

(カ)(任意提出)プレゼンスライド等の説明資料

(2)提出期限

 令和元2年6月30日(火曜日) 午後5時15分必着

(3)提出先

   〒870-8501

   大分県大分市大手町3丁目1番1号(県庁舎本館7階)

   大分県商工観光労働部先端技術挑戦室

(4)質疑

 令和2年6月24日(水曜日)午後5時までに、「質問票(様式5)」によりEメールにて照会してください。なお、Eメール送信した後、その旨を大分県商工観光労働部先端技術挑戦室(TEL:097-506-2062)へ、電話にてご連絡ください。

  質問に対する回答は、受付後2日以内を目処に、このページに掲載します。

   質問提出先:大分県商工観光労働部先端技術挑戦室

   E-mail:a14270@pref.oita.lg.jp

 (様式)質問票(様式5) [Wordファイル/16KB]

(5)その他

 参加申込書提出後に参加を辞退する場合は、「辞退届(様式6)」を提出すること。

 (様式)辞退届(様式6) [Wordファイル/27KB]

質問に対する回答

 
質問への回答
追加日質問回答

6月15日追加

「大分県における新しい時代の課題を解決する事業」とは、いわゆる感染防止対策(三密対策)のことか?

いわゆる三密対策も含まれますが、それだけに留まらず、コロナ禍で定着したオンライン会議ツールを活用して、生活や地域コミュニティにおける困りごとを解決するなど、新型コロナの影響による社会変革をチャンスととらえ、新しいライフスタイルやコミュティの在り方を提案するような事業も想定しています。

6月15日追加

1事業者から2件の提案をすることは可能か?

可能である場合、申込書が2部(1提案あたり1部)必要となるか?

また、プレゼン動画についても、1件の提案について10分以内で作成でよいか?(2件の提案を10分以内ではないか?)

1事業者から2件の提案をすることは可能です。

申込書は1提案あたり1部提出が必要となります。

動画について、1件の提案について10分以内で作成でよいです。(2件の提案を10分以内ではないです。)

6月15日追加

プレゼン形式は動画のみでよいか?

提出する動画は、プレゼンをしている場面を動画撮影したものでよいか?

動画のみでよいです。プレゼンに使うスライド資料も任意で提出可能です。

提出する動画は、プレゼンをしている場面を動画撮影したものでよいです。

6月15日追加

今回の委託業務企画提案の契約締結日は何月頃か?7月中を想定しています。

6月15日追加

事業費積算書については、様式3を活用し、費目ごとに一式金額を記載してよいか?様式3のとおり、費目ごとの金額を記入してください。

 

6.応募に関する問い合わせ

 大分県商工観光労働部先端技術挑戦室(担当:高倉)

 〒870-8501 大分県大分市大手町3丁目1番1号

 E-mail:a14270@pref.oita.lg.jp

 TEL:097-506-2062

OITA TECH WAVE ロゴ

    オオイタテックウェーブロゴ

    テクノロジーの表現として、簡略化したチップをモチーフとし、

    共創(CIVIC TECH)の2つの線を重ねることで表現。

    OITAのOはロゴの形と合わせている。

    グラデーションでWAVE(新しい潮流)を表現。

コンセプトメイキング、ロゴデザイン

株式会社Design totte 越田剛史氏

※コンセプトメイキングにあたっては、「おおいたクリエイティブ実践カレッジ」の中で、株式会社Barbara Pool の廣部慧氏に協力をいただきました。


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください