ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 社会教育 > 青少年の健全育成 > 子どもの読書活動 > 子ども司書の認定式を行いました(令和2年度子ども司書養成講座)

子ども司書の認定式を行いました(令和2年度子ども司書養成講座)

印刷用ページを表示する掲載日:2021年3月2日更新

 令和2年度子ども司書 認定式を行いました(令和3年2月27日)

大分県教育委員会では、県内各地で読書の魅力を伝える子ども読書リーダー「子ども司書」を育成
しています。
令和2年度子ども司書養成講座に参加した子ども達は、1年間にわたって県立図書館や各市町村立
図書館などで、図書館の仕事や周りの人に本を紹介する手法を学びました。
今年度は由布市、豊後高田市、大分市、臼杵市、別府市の子ども達が参加をしています。

 

2月27日(土)に、令和2年度子ども司書 認定式を開催しました。
今年度は、新型コロナウイルス感染症対策のため各市の会場をオンラインで繋ぎ、式を実施しました。
認定証授与の前に、各市から一年間の活動について報告発表を行いました。

豊後高田  大分市  別府
豊後高田市会場         大分市会場             別府市会場
発表を通じて子どもたちの1年間のがんばりが伝わってきました。

 

活動報告の後は、それぞれの市で認定証と認定バッジの授与を行いました。
今年度は、36名の子ども達が「大分県子ども司書」として認定されました。

臼杵   由布
臼杵市会場              由布市会場         


今年度認定された子ども司書たちは、来年度からこれまで学んできたこと生かしながら、地域の
図書館や学校で本の楽しさを広める活動を実践していく予定です。
                                                                                                 

                                                                                                                                               。