ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > ご提言の紹介 > 県営住宅の入居について (平成23年2月25日回答)

本文

県営住宅の入居について (平成23年2月25日回答)

印刷ページの表示 ページ番号:0000122799 更新日:2011年3月31日更新

ご提言の内容

  入居に際して、多くの制限があると思いますが、私が入居した時には、三家族の公務員が入居していました。なぜ、公務員の入居が可能だったのでしょうか。 

 

回答

 県営住宅へは入居収入基準等の入居資格要件を満たせばどなたでも入居でき、公務員の入居を制限しているわけではありません。
 しかしながら、県職員に対しては、他の入居希望者の入居機会の拡大を図る観点から入居の自粛を求めており、現在、入居中の県職員はいません。
 また、県営住宅の入居希望者及び入居者に対しては、入居時及び入居後の毎年度に収入調査を行い、その結果に基づき、入居時には入居の資格を満たしているかどうか、またその後も引き続き入居する資格を満たしているかどうか、を判断することとしています。資格を満たさない人には入居を認めず、住宅の明渡しを求めることとしています。
 なお、今後とも県営住宅の入居にあたっては、厳正に対処してまいります。
 
 

この回答に関する問い合わせ先

公営住宅室 住宅管理班
Tel:097-506-4684
e-mail:a18510@pref.oita.lg.jp