ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 交通政策課 > 大分空港における新規国際定期便(プサン・ムアン)の就航について

大分空港における新規国際定期便(プサン・ムアン)の就航について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年1月8日更新

大分県では、インバウンドの受入を加速するため、大分空港の国際路線の充実に取り組んでいます。

この度、下記のとおり、大分空港において、ソウル‐大分線をデイリー運航している韓国のティーウェイ航空(TW)が、新たにプサン、ムアンの2路線を就航しましたのでお知らせします。

【国際航空路線「プサン-大分、ムアンー大分」の概要】

 就  航 日 :平成30年12月22日(土)

 運航区間 :大分⇔プサン(金海国際空港)、大分⇔ムアン(務安国際空港)

 運航スケジュール :火・木・土(各3往復/週)             (※2019.1.8からムアン線の時間が変更となりました。)

             運航スケジュール                                                                                                                     

 航空会社 :ティーウェイ航空(本社:韓国ソウル市)・LCC

 使用機材 :B737-800・189席

 運    賃 :片道2,500円~ (燃油サーチャージ・空港施設利用料等は含まず)


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください