ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 芸術文化スポーツ振興課 > 大分アジア彫刻展“現代のかたち”vol20・21

大分アジア彫刻展“現代のかたち”vol20・21

印刷用ページを表示する掲載日:2019年1月9日更新
大分アジア紹介展画像

◆大分アジア彫刻展“現代のかたち”vol20・21◆

「大分アジア彫刻展」は、大分県豊後大野市出身の彫塑家 朝倉文夫を顕彰して大分県と豊後大野市が開催する、アジアの新進彫刻家の登竜門と位置づけられる国際公募展です。
ビエンナーレ(2年に1度)で開催を続け、今年度は「第33回国民文化祭・おおいた2018」及び「第18回全国障害者芸術・文化祭おおいた大会」のプレイベントとして開催し、盛況のうちに会期を終えることができました。
 今回、第14回展以前の大賞作品を展示する紹介展を下記のとおり2会場で開催いたしますので、多くの方にご来場いただき、新進彫刻家たちの作品をご覧いただければと思います。

◇2会場◆

vol.20 大分県立美術館会場

会 期 平成31年1月11日(金)~1月18日(金)         
     10時00分~19時00分(金・土曜日は、20時00分まで)
場 所 大分県立美術館(大分県大分市寿町2番1号)
     1階アトリウム

vol.21 大分銀行本店会場

会 期 平成31年1月21日(月)~2月28日(木)         
     9時00分~15時00分  ※土・日曜日はお休み 
場 所 大分銀行本店(大分県大分市府内町3丁目4番1号)
     1階ロビー

◇入場料◆

無料(全会場)

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください