ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 芸術文化スポーツ振興課 > 2020年東京オリンピックマレーシア代表チームの事前キャンプに関する覚書締結

2020年東京オリンピックマレーシア代表チームの事前キャンプに関する覚書締結

印刷用ページを表示する掲載日:2018年7月4日更新

 7月2日(月曜日)、大分県庁貴賓室で、マレーシア国立スポーツ研究所と大分県、中津市、公益財団法人日本オリンピック委員会の4者により、東京2020オリンピック・パラリンピック大会におけるマレーシア代表チームの事前キャンプに関する覚書の締結式が行われました。

 大分県と中津市は、日本オリンピック委員会とともに、事前キャンプ誘致にむけてマレーシア国立スポーツ研究所と協議を進めてきました。その結果、マレーシアオリンピック・パラリンピック代表チームが、中津市で東京2020オリンピック・パラリンピック大会の事前キャンプを実施することで合意しました。東京2020オリンピック大会の事前キャンプの海外代表チームの決定は、県内では初めてになります。

 締結式に知事代理で出席した二日市副知事は今回の覚書締結により、「東京2020オリンピック・パラリンピックがさらに身近に感じられるようになりました。大分県民にとって大変ありがたいお話しです。県と中津市が一体となって支援していきたい。これを機に両国の交流がますます盛んになることを期待しています。」と述べました。

マレーシア


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください