ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 企画振興部 > 芸術文化スポーツ振興課 > 東京2020オリンピック『ポルトガル陸上競技代表チーム』大分県事前キャンプについて

本文

東京2020オリンピック『ポルトガル陸上競技代表チーム』大分県事前キャンプについて

印刷ページの表示 ページ番号:0002144498 更新日:2021年8月6日更新

1 事前キャンプの概要

東京2020オリンピックポルトガル陸上競技代表チームが、大分県で事前キャンプを実施しました。

(1)期   間:令和3年7月17日(土)~7月28日(水)

(2)練習会場 :昭和電工ドーム大分、昭和電工フィールド

(3)選 手 団:31名(大会出場選手13名、コーチ、トレーナー等18名)

2 公開練習及び県内高校生アスリートとの交流

新型コロナウイルスの影響もあり、規模を縮小しての開催となりましたが、7月20日(火)に公開練習、
22日(木)にオンライン交流会を実施しました。

(1)公開練習・インタビュー

跳躍        投てき
※昭和電工ドーム大分で練習をマスコミに公開するポルトガル選手


パウロ
※インタビューに答えるパウロ・ベルナルド代表(PAULO BERNARDO)
ネルソン写真
※ポルトガル選手団の旗手を務めたネルソン・エヴォラ選手(NELSON EVORA)

(2)オンライン交流会
交流会は、オリンピック選手は宿泊ホテルからアクセスし、高校生は
昭和電工ドームからオンラインでアクセスして実施しました。
オリンピック選手が事前に高校生の練習風景の動画を見てチェックし、
インターハイの陸上競技に大分県代表として出場する高校生たちは、
オリンピック選手から直接アドバイスを受けました。

べろ写真
動画を何度も巻き戻しながら、動作をチェックして、足の動かし方や
フォーム、体幹の使い方など、細やかにアドバイスする3選手
高校生写真
※自身の練習動画を見ながら、オリンピアンから直接アドバイスを
受けたり、質問したりしながら、
インターハイに出場する高校生たち
が、モチベーションを高めていました。

3 メダリスト

東京2020オリンピック  男子三段跳 《金メダリスト》
ペドロ・ピチャルド選手(PEDRO PICHARDO)

ペドロ写真 ペドロイラスト
東京2020オリンピック 女子三段跳 《銀メダリスト》 
パトリシア・マモーナ選手選手(PATRICIA MAMONA)

マモナ マモナイラスト

ポルトガル陸上競技連盟公式Facebook
ポルトガル陸上競技連盟公式Instagram

ペドロ・ピチャルド選手からの感謝
パトリシア・マモーナ選手からの感謝

4 選手団からのメッセージ

大分県へ、選手団が懸垂幕や国旗にサインやメッセージを書いてくれました。
サインボード パウロ集合
サインボード [PDFファイル/592KB]

国旗
※選手団サイン入り国旗

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)