ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 芸術文化スポーツ振興課 > パラリンピック・パワーリフティング・ラオス代表事前キャンプに関する協定書締結

パラリンピック・パワーリフティング・ラオス代表事前キャンプに関する協定書締結

印刷用ページを表示する掲載日:2018年5月21日更新

 3月26日(月曜日)、大分県庁貴賓室で、ラオスパラリンピック委員会と大分県、別府市、太陽の家の4者により、東京2020パラリンピックにおけるパラリンピック・パワーリフティング・ラオス代表のキャンプに関する協定書の締結式が行われました。

 大分県と別府市は、太陽の家とともに、事前キャンプ誘致にむけてラオスパラリンピック委員会と協議を進めてきました。その結果、パラリンピック・パワーリフティング・ラオス代表が、別府市で東京2020パラリンピックの事前キャンプを実施することで合意しました。パラリンピックの事前キャンプの決定は、県内では初めてになります。

 締結式に出席した広瀬知事は今回の協定書締結により、「ラオスの選手が快適なキャンプができるよう応援したい。交流を通じて両国の関係を深めることが出来れば」と述べました。

ラオスとの協定書締結式


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください