ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織からさがす > 企画振興部 > 芸術文化スポーツ振興課 > 日本とウェールズとの合唱交流について

本文

日本とウェールズとの合唱交流について

印刷ページの表示 ページ番号:0002129320 更新日:2021年2月17日更新

日本とウェールズとの青少年による合唱交流を実施します

 ラグビーワールドカップ2019の機会を活かし、ウェールズチームとスポーツ交流を行った都市による青少年合唱交流事業を実施しています。本県からは大分県立芸術緑丘高等学校合唱部が参加しています。
 歌や音楽による交流機会を通じて多様な文化を学び、継続的な文化交流の起点となる場を創出すると同時に、日本とウェールズの文化芸術の振興と今後の継続的な発展を目指します。

1.概要

 ラグビーワールドカップ2019において交流を行った、大分県、熊本県、北九州市の合唱団と、ウェールズの青少年合唱団(Only Boys Aloud)とがオンライン上で交流を行い、日本の合唱団によるウェールズ語の合唱曲の発表を行います。

2.参加合唱団

大分県   :大分県立芸術緑丘高等学校合唱部
熊本県   :熊本県立八代中学校・高等学校合唱部、熊本県立熊本高等学校合唱部
北九州市 :北九州アカデミー少年少女合唱団

3.スケジュール

・令和3年1~3月   日・ウェールズ合唱団によるオンライン交流
・令和3年3月      日本の合唱団による合唱の撮影
・令和3年3月20日  成果発表会(オンライン)

※成果発表会後、合唱曲や交流の様子をSNS等で一般公開予定です。

4.主催

文化庁、英国ウェールズ政府

5.共催

ブリティッシュ・カウンシル、Wales Arts International(ウェールズ・アーツ・インターナショナル)

6.協力

大分県、熊本県、北九州市